clownfisheggs0_e

 大きく分けて、命の誕生にはお母さんのお腹から生まれてくるパターンと、卵から生まれてくるパターンがあると思う。もちろん他にもクローンだとか卵胎生だとか、いろいろあるかもしれないけれど、基本的にはそんな感じ。

 でもって、卵を産む生き物たちの場合だ。産んだら産みっぱなしの親もいれば、孵化するまでつきっきりで面倒を見る親もいて、いのちの生まれ方も種族ごとにバラエティに富んでいるんだな、と感動してしまったりするんである。

 今日はその中でも、卵の傍でつきっきりでお世話をするお魚さんの話をしよう。なおツブツブがいっぱい出てくるので、苦手なお友だちは注意してね。
スポンサードリンク


Clownfish Eggs - The Real Finding Nemo

 巨大なイソギンチャクの横に、一組のトウアカクマノミのカップルがいるよ。よく見ると、イソギンチャクの下には卵がたくさん産みつけられている。

clownfisheggs1_e

 その近くで卵たちを見守り続けているんだね。
clownfisheggs2_e

 どうやら卵は孵化寸前のよう。ツブツブのひとつひとつにおめめがぱっちり。
clownfisheggs3_e

 せっせとヒレを動かして、新鮮な海水が卵にいきわたるようにするのは、主にお父さんの役目なんだそうだ。

clownfisheggs

 トウアカクマノミは砂地に住むイソギンチャクのところに居候する習性があるそうで、卵を産むときには他所から石や貝殻をわざわざ運んできて産み付けることもあるそうだよ。

 このカップルももしかしたら、産卵用の貝殻をお持ち込みしたのかもしれないね。
clownfisheggs4_e

 トウアカクマノミは大型のクマノミの仲間だよ。ペットとしても人気があって、丈夫で飼いやすいので海水魚飼育の初心者にもおススメだ。水槽の中で卵を産むこともあるんだよ。このクマノミと相性がいいのはイボハタゴイソギンチャク。この動画のイソギンチャクも多分これ。

 それにしても、一生懸命卵のお世話をするお父さんがけなげだね。みんな元気に生まれて来てくれるといいね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
隠れ場所からコンニチハ!大きなカイメンの中に住みつく魚


身近なようで意外と知らない?タツノオトシゴたちを集めた写真集


夏本番へのカウントダウン開始!美しい熱帯魚を眺めながら、猛暑をやり過ごそうじゃないか


魚のイクメン代表っす!穴を掘りまくるアゴアマダイの仲間をご覧ください


吸着合体!ネットアイドル、フウセンウオのちっこかわいい変形合体(音量注意)



このエントリーをはてなブックマークに追加