anguishedmotherdog0_e

 インド西部の街ウダイプルで、今日もストリートアニマルたちの保護活動に献身的に取り組んでいる、Animal Aidから新たな動画が届いたよ。

 今回は大ケガをした子犬のお話だけど、その子犬には心配してくれるお母さんの存在があったんだ。果たして子犬は、無事にお母さんのもとへ帰れるんだろうか。
 
スポンサードリンク


Anguished mother dog wails for wounded baby. Sweetest reunion!

 ウダイプルのとある街角。Animal Aidのスタッフが駆け付けたとき、そこには大ケガをして動けない子犬と、心配そうにその傍らを離れない母犬の姿があった。

anguishedmotherdog1_e

 子犬は車かバイクにでもはねられたのだろうか。自力で立ち上がることができず、苦し気な鳴き声をあげている。

 母犬は「早くこの子を助けて!」とでも言うように、スタッフに向かって吠えたてた。

anguishedmotherdog2_e

 どうやら母犬には、スタッフが子犬を助けに来たのだということがわかっているようだった。

anguishedmotherdog3_e

 そっと抱き上げ、車に運ぶ。母犬はこの子犬の他にも4匹の子犬を抱えていたため、いっしょに連れて行くことができなかった。

anguishedmotherdog4_e

 Animal Aidの医師から手当てを受ける子犬。ケガは予想以上にひどく、数日間歩くことすらできなかったそうだ。

anguishedmotherdog5_e

 ケガが神経にまで達しているかどうか、心配して見守る医師たち。
anguishedmotherdog6_e

 だが温かいケアと美味しいご飯で、トグルと名付けられた子犬は順調に健康を取り戻していったんだ。

anguishedmotherdog7_e

 そうしてトグルは、元気に走り回れるまでに回復した。
anguishedmotherdog8_e

 スタッフにまとわりついて離れない、甘えん坊のトグル。
anguishedmotherdog9_e

 誰もがトグルのことを愛していたけれど、やはり一番大きな愛情はお母さんのものだ。元気になったトグルは、お母さんときょうだいたちのもとへ送り届けられたんだよ。

anguishedmotherdog10_e

 ひさしぶりのお母さんのお乳。手当が間に合って本当に良かったね。
anguishedmotherdog11_e

 Animal Aidでは子育てが一段落したころ、母犬の避妊手術を行う予定でいるそうだ。これからはずっと母子そろって、幸せに暮らしてくれるといいね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Animal Aid~ああ、今回はダメだったか?だが再び奇跡は起こった!バイクにはねられた子犬を救え!(流血注意)


Animal Aid~たくさんの奇跡と笑顔をありがとう!10のレスキューシーンと2018の活動報告


Animal Aid~もうダメかと思った!昏睡状態だった子犬が元気になるまで


Animal Aid~「痛いよ、怖いよ!助けて!」道端でケガをしておびえ切った子犬の保護作戦


Animal Aid~よく頑張った!交通事故に遭った犬が再び歩けるようになるまで



このエントリーをはてなブックマークに追加