matingtortoises9_e

 恋人同士のデートっていうのは、きわめてプライベートなものであって、そこに他人が入り込む隙も要素も何もない。

 仲良くしているのを見せびらかしたいカップルもいれば、2人っきりの世界を存分に満喫したいカップルもいるだろう。

 後者の場合、第三者にイチャコラしている様子を見られるなんて、絶対にイヤ!に決まっている。どうやらカメのカップルの場合も、それは同じだったみたいなんだ。
スポンサードリンク


Explorer Interrupts Mating Tortoises, Slowest Chase Ever Ensues | National Geographic

 ナショナルジオグラフィックの「原始の海」プロジェクトチームは、この日セーシェルで撮影を行っていた。その撮影中、リーダーのポール・ローズ氏が何やら奇妙な鳴き声のようなものを耳にしたそうだ。

 その声の正体を探していたところ、なんとデート中のアルダブラゾウガメのカップルを発見!

matingtortoises1_e

 おおっ、チューしとる! まさにこれからがイイところ……?
matingtortoises2_e

 思いがけないシチュエーションに、興奮気味のポールさん。だけど撮影陣に気付いたのか、彼女の方が恥ずかしがって向こうを向いてしまったぞ!

matingtortoises3_e

 デートを邪魔されたカメさんは、少々ご機嫌が麗しくないようだ。
matingtortoises4_e

 ちょっとお怒りモードのカメ、文句のひとつも言いたくなったのか、こちらにずんずん向かってきちゃったよ。

matingtortoises5_e

 ずんずんずんずん……。「動かないで」とポールさんは言っていたけれど、それどころじゃなくなった。

matingtortoises6_e

 後ずさりするカメラをどこまでも追いかけてくるカメ氏。
matingtortoises7_e

 まだまだ追いかけてくるよ。
matingtortoises8_e

 自分のテリトリーの外に完全に追い出すまで、こうやって追いかけてくるつもりなのか。
matingtortoises10_e

「悪いけど、足はこっちの方が速いんだよ」と、カメに別れを告げるポールさん。カメは納得したのか、そのままUターンして彼女の方に戻って行ったようだ。

matingtortoises11_e

「原始の海」とは、つまりは手つかずの自然が残る海のことだ。このプロジェクトでは世界各地の海に探検隊を派遣し、生態系や環境についての科学的な調査を手がけている。

 今回セーシェル共和国が海洋保護区を設立するにあたって、「原初の海」プロジェクトは周囲の海域の研究調査を行っているそうだ。海の生き物たちの聖域として、自然のままの海をいつまでも保持していけるといいね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
カメさんをモフってみた。文句はなさそうだ。ところでカメって触られるのは好きなのかな?


あっちへコロコロ。こっちへコロコロ。亀、カボチャを盛大に食す。


100歳以上と思われる高齢者が時速3キロぐらいで走行中、警官が呼び止めるも一向に聞かず...


さあ、どっちが勝つか勝負だ!ウサギとカメの競争をリアルに実現してみたら…


「なんや知らんけど、やるんかワレ?」犬化したカメさん、ボール遊びをするの図



このエントリーをはてなブックマークに追加