syria1_e

 シリアという国は、今こうしている間も絶え間ない危険と隣り合わせにいる国である。内戦が続く中、多くの命と多くの生活が奪われてきた。

 だがそんな中でも、人間のもつ優しさを奪うことは、誰にもできなかったようだ。ケガをして苦しんでいる猫を救うために、シリアの人々の温かい手が差し伸べられていたよ。今日はその様子をみんなにもぜひ見てもらいたい。
スポンサードリンク


A cat was seriously injured by a speeding motorcycle

シリアの街角で、バイクにはねられてケガをした猫が発見された



 動画の投稿者ムハンマドくんの家の近くで、バイクにはねられて下半身が動かなくなった猫が見つかった。

syria2_e

 ムハンマドくんがキャットフードを与えようとするが、警戒心マックスの猫は牙をむき、何人たりともそばに寄せ付けない構え。

syria3_e

 動かない後ろ足を引きずって、必死に逃げ回る猫の姿が痛々しい。
syria4_e

猫の保護に、民間防衛隊が出動!


 そこでムハンマドくんは、「シリア民間防衛隊」通称「ホワイトヘルメッツ」に助けを求めた。すぐにやって来て、猫の保護に乗り出すホワイトヘルメッツたち。

syria5_e

 ホワイトヘルメッツは空爆で瓦礫の中に閉じ込められたり、ケガをしたりした人々を助けるために作られた、反政府側のボランティア組織である。アサド政権側には目の敵にされており、内戦では多くの犠牲者も出ているそうだ。

 そんな彼らが、1匹の猫を助けるために出動してくれるなんて!
syria6_e

 おびえ切った猫を、なんとか保護することに成功。ホワイトヘルメッツの人たち、ありがとう!明日はこの猫を保護施設まで連れて行くよ。

そして翌日、無事に「猫の家」に到着した猫



The infected cat began treatment

 ムハンマドくんが猫を連れてやってきたのは、以前紹介した「猫の家」だ。モハンマドさんが出迎えてくれたよ。

syria7_e

「引っかかれちゃったね」
syria8_e

 猫たちと戯れるムハンマドくん。
syria10_e

 ここでは猫たちが思い思いに、平和にくつろいで過ごしているよ。
syria11_e

無事に手当てを受けることができて、これでひとまずは安心だ


 ケガをしていた猫は、「猫の家」の獣医師からきちんと手当を受けることができた。
syria13_e

 とりあえず、これで一安心だね。
syria14_e


 この動画を投稿したのは、シリアのダマスカス郊外にある東グータ地区に住む16歳のユーチューバー、ムハンマド・ナジェムくんである。東グータ地区といえば、1年前に化学兵器による攻撃や空爆を受け、千人を超える犠牲者が出たことが日本でも報道されていたので、記憶にある人もいるかもしれない。

 ムハンマドくんはこの地区にあるアルビンという街から、内戦の中にいる子供たちの様子を撮影し、全世界に向けて発信し続けているのだ。

 難民キャンプの子供たちと。

「この世の地獄」とも言われた街で、海外のジャーナリストも続々と脱出していく中、この実態を世界中に知ってもらうために何かできることをしたい。その一心で、彼は今も活動を続けている。

 いまだ内戦終結の兆しが見えない戦禍のシリア。だがその只中にある街でも、人々の優しさは確かに生きているのだ。興味を持ってくれたお友だちは、ムハンマドくんのYouTubeチャンネルやインスタグラムフェイスブックをぜひ覗いてみてほしい。

 モハンマドさんのフェイスブックもね!


written by ruichan

▼あわせて読みたい
戦禍のシリアにて。保護施設「猫の家」で子犬の面倒を見る母猫が発見された


みんな元気で本当に良かった!ダンボール箱で捨てられていた猫たち、ひとまずもう安心の模様


道路でうろうろしていた白黒子猫、保護されたお宅でしっぽり家族に


ごみ箱から保護された白い猫は耳が聞こえなかった。大きな鳴き声で自分の存在を伝えるよ


Hope For Paws~高速道路の真ん中に子猫が!命がけの救出作戦が実行された


このエントリーをはてなブックマークに追加