dropped3

 関東平野部でも積雪の可能性がある日が増えている今日この頃。ロシアに住むスコティッシュストレートのホシコさんも先日、ついにそのキュートな肉球を雪の上に乗せたとのこと。

 普段は箱入り猫でおっとり少々ビビりなホシコさん、リードを装着し雪景色をお散歩と粋に決め込んでいた。 
スポンサードリンク


I walked on the real snow

 普段はインドアライフを楽しむホシコさんは、先日は忍耐強く診察を受ける姿が反響を呼んでいた。今日は珍しくお外に出て、雪の中を歩くホシコさんを見てみよう。雪に興味を示すホシコさんの瞳は何だかいつも以上にきれいでうっとりしてしまう。

 キャリーから出されたホシコさん、その肉球で雪の感触を楽しんでいた。
 積もった雪の上をそろりそろりと歩いていたよ
dropped

 飼い主さんを見上げるこの視線から普段の信頼関係が覗ける気がするね
dropped0

 ホシコさんは空から降る雪を一生懸命見つめていた
dropped1

 最後はサクサクと果敢に雪の中を歩き進んでいたよ
dropped2


 最後はキャリーケースにきちんと入って帰っていったようだ。キャリーケースやリードの色はホシコさんの瞳と合わせたものなのかな。鮮やかな緑がとってもよく似合っているね。しかしホシコさんの穏やかさ、おとなしさには毎回驚かされる。ホシコさんの心には疑いだとか怒りのようなネガティブなものがちっともないんだろう。これからもホシコさんのお便りは定期的にお知らせするよ。


written by kokarimushi

あわせて読みたい
秋の夜長は猫を描こう。ロシアのおっとりキャット、ホシコさんの描き方


段ボール&猫じゃらしでいつもよりアグレッシブ。猫のホシコさん、元気よく運動する


別に人形じゃないし。段ボールの中で比較的活動的な姿を見せるホシコさん


猫のホシコさん、予測不能のネズミのオモチャにおっかなびっくり


アイドルキャットのホシコさん。お魚のぬいぐるみをゲットしちょっとハッスル



このエントリーをはてなブックマークに追加