getoutofmyhouse0_e

 家族が寝静まった夜中、家の中の一室から奇妙な音が聞こえてくる。侵入者? どろぼうさん? それとも異世界からやってきた怪しいヤツ?

 こんな時絶対に見に行きたくなんてないのだが、我らが保護猫プーシクくんは、勇敢にもその正体を突き止めに行ったのであった。
スポンサードリンク


Get out of my house!

 それはとある夜のこと。誰もいないはずの部屋から、怪しい音が聞こえることに気付いたプーシクくん。様子を見にやってきたはいいけれど……。

getoutofmyhouse1_e

 薄暗い部屋の中には、なにやらふよふよとうごめく影が!
getoutofmyhouse2_e

 ちょっぴり腰が引けてるプーシクだったが、いやここはボクの家にゃんである、にゃんとしても正体を突き止めにゃくては!と、果敢にも近づいていくのだった。

getoutofmyhouse3_e

 と、その時飼い主さんがお部屋の電気をつけてくれたよ。
getoutofmyhouse4_e

 何これ、おっきな目玉がついているけど、お前ニンゲン? てかそもそも生き物?
getoutofmyhouse5_e

 そして次の日。お日さまが照っても、怪しいヤツは消えなかった。なんでそんな風にこっちを見るにゃ? 気に入らないにゃ!

getoutofmyhouse6_e

 よし、兄弟、お前の出番にゃ! こらしめてやりにゃさい!
getoutofmyhouse7_e

「りょーかい!」と返事をしたかどうかはわからないが、満面の笑みを浮かべてやってきたのはこのおうちの魔の2歳児、つまり満を持しての破壊神登場!

「あはははははは…!」
getoutofmyhouse

 どうにゃ、またしても力を合わせて悪者を退治したのにゃ。
getoutofmyhouse8_e

 パワーアップした赤ちゃん……というかもう幼児だな、ここで紹介しておこう。プーシクの弟分の名前は、チモフェイくんというそうだ。プーシクとチモフェイ、これからますますパワーアップしていきそうなコンビである。次回のお話をお楽しみに!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
何でも真似したいお年頃。猫兄と赤ちゃんのほのぼのエブリディライフに密着してみた!


それは4年前に始まった。保護猫プーシクくんが幸せな猫生を手に入れるまで


「こんにゃのお茶の子さいさいにゃ!」保護猫プーシクくん、コップに隠されたボールを当てまくる


バーン!「や…やられた…!」死んだふりして遊んでくれるハチワレ猫


「ご主人、どこに隠れているの?」飛行機の距離から飼い主さんとビデオチャットする猫



このエントリーをはてなブックマークに追加