dropped33

 子供の頃、歩くのが嫌になるとすぐ座ったりそこにある物に腰掛けたりしたもんだ。そんな時、お母さんは決まって「置いてくよ」などと言ったけど、お父さんは抱っこして運んでくれたりしたもんだ。

 お父さんの子育てはお母さんの子育てとちょっと違って個性的だったりすることが多い(関連記事)。

 その証拠にもなりうる動画が発見されたよ。アメリカ、ワシントン・ダレス国際空港にて、歩くのが嫌になっちゃった娘さんのフードを引っ張ってすいすい歩くお父さんの姿が撮影されていた。 
スポンサードリンク


Dad Drags Daughter Through Airport || ViralHog

 小さな子供からすると空港なんて広くて、あまりにも広すぎてあっという間に疲弊してしまう。けれども、少し休めば体力があっという間に120%回復するのも子供なのであ~る。

 それを知っているのかいないのかは分からないけど、急ぎ足のお父さん、「歩かないなら引っ張ったらいいんでない?すべりのいい服着てるし」ってことで娘さんをする~んと滑らせながら移動していた。

 時は元旦。荷物の受取所にてさっささっさと歩くお父さんの姿が目撃された
dropped34

 片手に荷物、片手に半液状化した娘さんを抱えてパパは行くのだ
dropped33

 娘さんも歩くよりは楽しいのかもしれない
 なすがまま、なされるがまま2人は進んでいった
dropped35


 父がいて母がいて、だから我々がいるわけで。お父さんはお父さんなりに子供育成に関わってくれているんだよっと。
 
 空港っていうのはいろんな服装のいろんな人々が行きかう場所だ。多少おかしな状態でいたってあんまり気にならないのかもしれないな。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
「ん?つかない。壊れてるわコレ!」見切りをつけるのがすばらしく早い赤ちゃん


泣く子も黙るリーサルウェポン。それはやっぱりあの食べ物だった…


人生にはマサカという坂があるんです。予測不能な行動力のいたずらキッズ総集編


違う!…んだけど、楽しそうだからいいのかな。遊具の新たな遊び方を開発した女の子


天使の笑顔に悪魔の所業。子ども+小麦粉=暴走無限大


このエントリーをはてなブックマークに追加