animalaid2018-0_e

 インドの街ウダイプルは、インド西部のラージャスターンにある都市である。首都デリーとムンバイのちょうど中間あたりに位置しており、人口は約60万人。この街でストリートアニマルの保護活動をしているAnimal Aidは、マランダーではすっかりおなじみになっているよね。

 この正月、Animal Aidではこれまでの活動を紹介する動画を公開していたので、マランダーでもシェアするよ。ぜひ見てくれると嬉しいな。
スポンサードリンク


10 incredible rescues--you'll cry tears of joy

 インドの土地柄もあって、保護・救助される生き物は断トツで犬、そしてウシが多いようだ。インドには掘りっぱなしの深い穴が各地に放置されていて、そこに落ちたりハマったりしている動物の救助に、Animal Aidのスタッフたちは毎日のように向かっている。

animalaid2018-1_e

 この犬は、穴の開いたステンレスのボールに首がハマってしまっていた。
animalaid2018-2_e

 近くには子犬たちが! お母さんが無事でよかったね。
animalaid2018-3_e

 どうしてこうなった? 溝にすっぽりとハマって身動きのできないでいるウシ。
animalaid2018-4_e

 みんなで協力して引き上げたよ。元気なようで一安心。
animalaid2018-5_e

 深い穴に落ちて這い上がれないでいた子犬。
animalaid2018-6_e

 無事に家族のもとへ帰ることができたようだ。
animalaid2018-7_e

 ゴミ箱に首を突っ込んじゃって、抜け出せなくなっているウシさん。
animalaid2018-8_e

 金属カッターにご登場願うことに。
animalaid2018-9_e

 ややこしい挟まり方をしているわんこも、無事に外してもらったよ。
animalaid2018-10_e

 こちらも穴に落ちていたウシさん。人海戦術で引き上げ成功!
animalaid2018-11_e

 ミネラルウォーターのポリタンクにハマっているわんこも……。
animalaid2018-12_e

 ホイールにハマっちゃってるわんこも、駆け付けたスタッフのおかげで自由の身に。
animalaid2018-13_e

 このウシは重機のお世話になって無事に救出。
animalaid2018-14_e

 そして下の動画は、去年の暮れにAnimal Aidの創始者であるエリカ・エイブラムズさんが、視聴者に向けて「2018年もたくさんの温かいサポートをありがとう!」とメッセージを伝えている動画だよ。


Look what your help gave animals in 2018!

 Animal Aidではこの1年間に、5,900匹のストリートアニマルたちを保護・救助してきたんだそうだ。団体の施設はいつもいっぱい。そこで昨年、症状の軽い動物たちは現地で手当てができるような体制も整えたんだそう。

animalaid2018-15_e

 また地域の住人や子供たちへの教育を積極的に行うなど、人間の側の意識改革にも取り組んでいくとのこと。世界中から昨年だけで2,500人ものボランティアが、ウダイプルにやってきたんだそうだよ。

animalaid2018-16_e

 マランダーでは今年も彼らの活躍を、折に触れ紹介していこうと思っているので、ぜひよろしくね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Animal Aid~車に轢かれた子ブタを救え!交通事故で足をケガした子ブタの救助作戦


Animal Aid~「痛いよ、怖いよ!助けて!」道端でケガをしておびえ切った子犬の保護作戦


Animal Aid~よく頑張った!交通事故に遭った犬が再び歩けるようになるまで


Animal Aid~インドの街で、動物たちの保護活動に献身的に取り組んでいるボランティアたちを紹介しよう


Animal Aid~たまにはほっこりしてみたい。保護動物の赤ちゃんたちの様子をご覧ください



このエントリーをはてなブックマークに追加