mobularays0_e

 イトマキエイって知ってるかな? 有名な「マンタ」つまりオニイトマキエイの近縁種で、マンタよりは身体が少し小さいけれど、しっぽが長いのが特徴だ。分類的にはマンタと同じく「トビエイ科」の魚であり、そう、つまりこのエイは飛ぶんである!

 今日はそんなイトマキエイが、盛大にジャンプしまくる映像をご紹介しよう。
スポンサードリンク


Mobula Rays belly flop to attract a mate - Shark: Episode 2 Preview - BBC One

 ここはメキシコのバハ・カリフォルニア沖。クジラやイルカと出会えることで有名なこの美しい海で、イトマキエイの大群を発見した! いったい何百匹、いや何千匹いるんだろう?

mobularays2_e

 群れのエイたちはキレイに身をひるがえしながら、徐々に集まり始めた。
mobularays3_e

 みごとな球体のできあがりだ。
mobularays4_e

 そうして大集合したイトマキエイたち。今度は海面高くジャンプを始めたよ。
mobularays5_e

 ヒレを翼のようにはためかせて、2メートルを超えるジャンプを見せてくれるんだ。
mobularays6_e

 中には宙返りするイトマキエイも。
mobularays7_e

 マンタより少々小さいとはいえ、体長3メートルのイトマキエイたちのジャンプは大迫力だね。

mobularays8_e

 このジャンプ、実はマンタも見せるんだが、なぜこんなに飛びまくるのか理由はよくわかっていないんだそう。

 海面に身体を叩きつける衝撃で寄生虫を落とすためとか、異性へのアピールのためとかといった説が有力らしいが、実際のところはどうなんだろう。より大きな波しぶきをあげて着水した方がモテるそうなんだけど。

 こちらはジャンプの様子を上空からもとらえた映像。

Gigantic School of Rays | Untamed Americas

written by ruichan

▼あわせて読みたい
最高のシーンに出会えた!ハワイの海を泳ぐマンタたちのフォークダンス


「ちょ、待って待って、ロープロープ!」水族館の水槽の中で魚を食べようとするエイがいた


お願い、この釣り糸取って!ニンゲンに助けを求めてきたマンタ


カリブ海でこんなバカンスはいかが?エイといっしょに泳げるビーチ


ディープな海でディープな触れ合い。巨大なエイとスキンシップ



このエントリーをはてなブックマークに追加