whypusic2_e

 ベラルーシの保護猫プーシクくんは、マランダーではおかげさまですっかり人気者のようだ。だが飼い主パパママの愛情を独り占めしていた時代は終わり、今ではあとからやってきた弟分と仲良く暮らしているらしい。

 さて赤ちゃんと幼児の間でもある1~2歳といえば、「動物から人間へと進化する時期」などといわれるくらい、たくさんのことを学び吸収し成長するときである。こちらのお宅でもプーシクお兄ちゃんをお手本に、赤ちゃんはすくすく育っているみたいだよ。
 
スポンサードリンク


Why Do You Repeat After Me?

 もともと「バンザイ」はボクの専売特許だったのにさ!
whypusic1_e

 最近じゃ食事まで真似するようになっちゃった。パパがちゃんと止めてるけどね。
whypusic3_e

 ダンボール箱はボクら猫の聖域だっつーの。
whypusic5_e

 やれやれと思って付き合ってたハイタッチ、何が楽しいのかツボったらしい。
whypusic6_e

 こちとら真面目にトレーニングしてるんだ、歩く練習じゃにゃいんだよ。
whypusic7_e

 パパの足の裏コチョコチョも丸パクリされたし。
whypusic8_e

 こらこら、靴をかじってもいいのは猫だけにゃ!
whypusic9_e

 こういうスキマの存在意義まで見出したらしい。
whypusic12_e

 朝パパを起こすのは任せてやるか。
whypusic14_e

 ジェットコースターごっこも楽しそうでにゃにより。
whypusic15_e

 お仕事から帰ってきたパパのお出迎えも、今じゃ先を越される始末。
whypusic16_e

 スプーンはちゃんと、1回1回交換してるから大丈夫にゃ。
whypusic18_e

 だがあのクリスマスツリー型ダンボール製キャットタワーP400SV(パパの力作)は、仲良く共同作業で破壊したんだぜ!

whypusic19_e

 納得いかないこともあるし、ときどきあっち行けって思っちゃうこともあるけれど、やっぱりカワイイ弟にゃんだ。

 ところでどうやらコイツ、このたび「魔の2歳児」ってヤツにレベルアップしたらしい。これからもよろしく頼むにゃ。

whypusic20_e

 というわけで、ちっちゃな1人と1匹は、今年も仲良く育っていくことだろう。マランダーでは今年もこのプーシクくんご一家を追っかけて行きたいと思っているので、ぜひ楽しみに待っていてね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
パパ、おはよう!早く起きてね!一家の主を目覚めさせるのは、世にも可愛い「ちゅ~」×2なのだ


赤ちゃんと猫のキスキスキス!お兄ちゃん大好きな赤ちゃん、今日もプーシクに大好きの「チュ!」


「よぉ、兄弟、お腹空いてない?」猫のプーシク、赤ちゃんにご飯をもらうの図


なんか知らんけど新入りが来た…?生まれたての赤ちゃんにドキドキの猫


猫といっしょにセルフィーを撮ろう。愛猫が興味を持つカメラを作ってみた




このエントリーをはてなブックマークに追加