seaslugs0_e

 海の中の宝石、ウミウシ。その形態や色、サイズは多岐に及び、世界中で実に数千種類を超えるという。マランダーではこれまでにも、美しいウミウシの姿を紹介してきたけれど(関連記事12など)、今回は動画で「動くウミウシ」をお見せしよう。
スポンサードリンク


Mucky Secrets - Part 18 - Sea Slugs inc. Nudibranchs - Lembeh Strait

 ウミウシというのは、実に不思議な生き物である。貝殻のない貝と言ってしまえばそれまでだけど、ウミウシの身体には摩訶不思議な進化のフシギが見て取れるのだ。

 今回の動画はインドネシアのレンベ海峡近辺で撮影されたもの。たくさんのウミウシが生息している海域だよ。

 これはアカクセニアウミウシの仲間。
seaslugs1_e

 マダライロウミウシの仲間。頭に二対の触覚のようなものがあるのはわかると思うけれど、おしりの方にもイソギンチャクみたいな何かがついてるよね。実はコレ、「二次鰓」と言って、れっきとしたエラなんだそうだ。

seaslugs2_e

 アカフチリュウグウウミウシの仲間。エラを身体の外部に出すことで表面積を増やし、効率的に酸素を取り込んでいるらしい。

seaslugs3_e

 こちらはキイロウミウシだね。ひっきりなしにエラを動かすのは、水流を作る目的があるのかもしれない。

seaslug00_e

 シライトウミウシ。ウミウシには目がないけれど、触角でニオイや味を敏感に感じ取ることができるんだそう。

seaslugs4_e

 そんな大切な器官である触角やエラを、体内に格納できる種類もいる。上のシライトウミウシの仲間はエラを引っ込めることができるし、ブチウミウシは触角もしまっちゃうんだ。

seaslugs5_e

 ヒラツヅレウミウシは、強い毒を持つヒラムシに擬態して、敵から身を守っている。
seaslugs6_e

 小さくて弱いウミウシたちは、ほかにもさまざまな方法で捕食者に襲われない工夫をしている。例えばこれ、オダカホシゾラウミウシかな。

seaslugs7_e

 とかコレ。ベニゴマリュウグウウミウシか?
seaslugs8_e

 そしてアンナウミウシ。どれも毒々しい色を身にまとって、自分には毒があるよ!食べたらひどい目に遭うよ!とアピールしているんだそう。

seaslug01_e

 これはミゾレウミウシ。ウミウシにはこのような黒っぽいストライプ模様を持つモノが多いんだけど、これも毒のある種類に擬態しているらしいんだ。

seaslugs9_e

 ミナミニシキウミウシは、エラの後ろに立てた部分に毒を持っている。ここを目立たせることで、捕食者にはまずこの部分を襲わせて、「コイツ毒持ってる、ヤバい!」と思わせるのが狙いだとか。

seaslugs10_e

 テヌウニシキウミウシとアマノガワテンジクダイ。イソギンチャクとカクレクマノミのような関係なのかもしれない。

seaslugs11_e

 このニシキウミウシの仲間は、頭部と触角を完全に体内に格納してしまっている。
seaslugs12_e

 トサカイボウミウシは敵に襲われると、身体の中から毒を排出する。
seaslugs13_e

 黒い輪っかが二つペイントされたようなキイロイボウミウシの模様は、大きくて危険な魚の目玉のよう。これも「近寄ったら食べちゃうよ!」とハッタリをかませているんだね。

seaslugs14_e

 またトゲトゲの突起を背中にたくさん生やしたウミウシもいる。例えばこのアデヤカミノウミウシ。このトゲトゲの中には、実は毒が詰まっているんだって。毒のあるヒドロ虫なんかを捕食して、その毒をここに貯めて武器にしちゃうんだ。

seaslug02_e

 こちらのムカデミノウミウシ、別名「ブルードラゴン」もトゲトゲだらけだね。このウミウシは褐虫藻という藻の一種をトゲトゲの中に蓄えて、光合成で栄養を作ってもらっているんだよ。

seaslugs17_e

 フィロデスミウム・クリプティクム。こちらも褐虫藻を取り込んで、サンゴに擬態しているらしい。

seaslugs18_e

 どうだったろうか。ウミウシは美しいだけでなく、その生態もとっても興味深い生き物だよね。カラフルなウミウシにはほんの数センチ程度の小さいものも多いので、温かくなって海辺に行くことがあったら、ぜひ注意して探してみてほしいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
海の中はすなわち異世界。そこに棲む美しいウミウシの写真を観賞しよう


しばし現実を忘れよう!幻想的な不思議生物、ウミウシたちの写真集


こんな異世界に転生したらどうしよう?非現実感あふれる海の中の妖精たち


実際にこの目で見てみたい!ノーチラス号が撮影した深海の不思議な生き物たち


水中を漂う、美しくも不思議なその姿。幻想的なクラゲの数々をご覧ください


このエントリーをはてなブックマークに追加