morng_06

 まだ幼い我が子を、群れのボスにさらわれてしまったオランウータンのクレア。どうにか赤ちゃんのクラリータを救出し、保護施設の職員がクレアの元へと連れてきた。
 
 めでたしめでたし……かと思いきや、1週間以上も離れ離れになっていたせいで、クレアがクラリータを認識できないかもしれないという。

 我が子を認めて受け入れるどころか、逆に傷つけてしまうおそれもある。それでも、職員たちは母と子の絆に賭けたんだ。
スポンサードリンク


Mother Orangutan's Reunited With Her Kidnapped Daughter | Orangutan Jungle School

 おそるおそる、ケージ越しにクラリータをクレアに差し出す職員。職員は、クラリータを抱っこした状態でクレアにやさしく語りかける。

「ほら、あなたの赤ちゃんよ。わかる?」じっと赤ちゃんを見つめるクレア。

morng_02

 狭いケージの隙間から懸命に手を差し出し、赤ちゃんに触れようとする。

morng_06

 匂いをかぎ、やさしくなめる仕草は、我が子の存在を確かめているようも見えるね。

 直接会わせても大丈夫だと判断した職員が、クレアのケージの扉に手をかけた。するとなんと、クレアが自分でも鍵を開けようとしたのだ。

morng_03


 はやる気持ちを抑えられなかったんだね。
morng_07


 そしてついに、母はしっかりと我が子を抱きしめた。
morng_08

 もし、クレアがクラリータを傷つけたら……見守る人々の不安があっという間に払拭された瞬間。

 お乳もしっかり出るようで、クラリータはすぐにクララからおっぱいをもらっていたよ。

morng_09

 クラリータの無垢な瞳に胸がいっぱいになってしまうな。ようやく安心して暮らせる親子。どうかこれからはずっと一緒に、穏やかに過ごせますように。

written by momo

▼あわせて読みたい
「おばけだじょ~」袋をかぶって仲間を驚かすオランウータン


きっと一生忘れられない!動物園で起こった子供と動物のハプニング集


ほら、ゴシゴシ泡立てて食べ……ちゃダメ!石鹸で身体を洗うオランウータンたち


棲み処を奪われたオランウータン、パワーショベルに怒りをぶつける


「そのバナナよこせや!」オランウータンがオヤツをねだる態度が、非常にエラそうな件について


このエントリーをはてなブックマークに追加