boxercrab5_e

 広くて深い海の中には、まだまだ夢やロマンやビックリがたくさん残ってる。以前マランダーで紹介したキンチャクガニなんてのも、そんなビックリのひとつじゃないかな。そう、チアリーダーみたいにイソギンチャクのポンポンを持っているあのカニだ。

 今回はそのキンチャクガニくんが、実際にどんな風にそのポンポンを活用しているかを見てみよう。
スポンサードリンク


Boxer Crab Fights off Pufferfish

 さて、改めて紹介しよう。これがキンチャクガニくん、別名ポンポンガニともいう。英語ではボクサークラブって呼ばれているよ。手……というか、ハサミで持っているキレイなやつは、なんと生きているイソギンチャクだったんだ。

boxercrab1_e

 なんせ海の中は危険がいっぱい。ちっちゃなカニが自分の身を守るのも大変なんだよね。

boxercrab3_e

 ほーら、黒い影が近づいてきたよ!
boxercrab4_e

 やってきたのはフグ。キンチャクガニから見たら巨大なプレデターだ。こんなのに狙われたら一巻の終わり……と思ったら、フグはカニの持つイソギンチャクに触れた途端、慌てて逃げて行っちゃった。

boxercrab

 やったね、撃退成功!
boxercrab2_e

 おわかりいただけただろうか? そう、イソギンチャクは毒を持っているんだ。きっと触ったとたんにピリッと来てしまったんだろうね。

boxercrab6_e

 多分もうこのフグは、キンチャクガニを食べようとは思わないんじゃないかな。イソギンチャクはイソギンチャクで、カニのご飯のおこぼれをいただいちゃっているらしいし、何とも賢い、カニとイソギンチャクとの共生関係なのであった。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
まるでチアリーダーみたい!イソギンチャクのポンポンで踊るカニ


なんて人懐っこいヤツらなんだ!ダイバーさん、コシオレガニに「遊んで!」と催促されてしまう


ちょっ、待って、何すんだよ!撮影中のGoProをカニに盗まれちゃった!


クモガニの大群はクモの子を散らすようにエイから逃げるのだ


これが世界最大のカニ!タカアシガニのダンスをご覧ください



このエントリーをはてなブックマークに追加