moose0_e

 クルマの中から野生動物を見かけることは、まあ珍しいことではないよね。だけどその相手が突然車に近づいてきて、興味津々車体のチェックに余念がない、なんてシチュエーションはさすがに滅多にないのである。

 そんな珍しい状況を、マランダーではこれまでにも何度かご紹介してきたわけだが(関係記事123他多数)、今日は野生のヘラジカくんとの接近遭遇風景をお目にかけよう。
スポンサードリンク


タイトル

 道の向こうから近づいてくる一頭のヘラジカ。
moose2_e

 うーん、立派な角だねぇ。
moose3_e

 などと感心しながら見送ろうとしたのだが。
moose4_e

 あっ、やば! 目が合っちゃった!
moose5_e

 クルマの中身よりも外側に興味津々? 
moose6_e

 それとも車に映った自分の姿が気になったのかな?
moose8_e

 この事件が起こったのはアメリカのワイオミング州、ジャクソンホール。国立公園の多くある地域で、もちろん野生動物も豊富にいる場所だ。とはいえこんな接近遭遇はめったにあることではないと思われるので、車窓越しのご対面は感動的だったんじゃないだろうか……ちょびっとビビったかもしれないけどさ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
オンリーアラスカ?夜の奇妙な訪問者、玄関前の鉢植えをおいしく食べていった。


ソウルメイトなのかもしれない?怖がりさんの猫、なぜかヘラジカにだけは興味津々で追っかけ中


スウェーデン式牛呼びの歌キュールニングを森でやってみたら、あらまぁシカがやってきたよ


ハロウィンにはまだ少し早いけれど「オヤツくれないとイタズラするよ?」犬用のドアからシカがこんにちは


雪原をひた走る白いシカ。ハイウェイを運転中に遭遇した光景にびっくり



このエントリーをはてなブックマークに追加