fluffydog0_e

 サモエド犬。それは極寒の地シベリアで生まれ、遊牧民族であるサモエドとともに暮らしてきた、極寒地仕様の犬種である。つまり寒いのが得意な犬なのだ。だからと言って、コレはちょっと困っちゃうよね、という映像が届いたのでシェアしておこう。
スポンサードリンク


Fluffy Dog Refuses to Come in from the Snow - 1015727

 街に本格的な雪が降った日。サモエド犬のエンゾくんは、お外で雪だるま状態になっていた。

fluffydog1_e

「おうちの中に入りなさい」というご主人の声も、聞こえないふり。
fluffydog2_e

 ご主人が「ずっとそこにいるわけにはいかないでしょ」と促すものの、まったく中に入る気はないようだ。

fluffydog3_e

 しかしここまで雪まみれになってると、おうちに入った後も大変そうだ。お風呂場に直行しないとね。

fluffydog4_e

 業を煮やしたご主人がリードを引っぱっても、断固拒否の姿勢のようだ。
fluffydog5_e

 自分みたいに寒いのが苦手な人には永遠にわからない心地好さなのであろうが、やっぱりサモエド犬にとっては最高に気持ちいい環境なんだろうね。そろそろ本格的な冬を迎えている場所も多いと思う。みんな風邪とか引かないように、あったかくして過ごしてね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
オカメインコのティナさんを前足に乗せるサモエド犬のやさしさ


甘えん坊のサモエド犬フィービーさん、少女とゴロゴロ昼寝をする


挨拶は基本っていうやないか。声をかけると必ず手をあげてくれるサモエド犬


まだ夜風を感じたいわけやし~。お家に入りたくないサモエド、庭で石化する


トリオと思いきやしっかりカルテット!サモエド犬の遠吠えハーモニーをお聞きください



このエントリーをはてなブックマークに追加