elephantsalutes0_e

 ゾウという生き物は、家族や仲間の絆をとても大切にするようだ。頭も良く、愛情や悲しみといった感情も持ち合わせているといわれている。死者を悼む行動見せることも、良く知られているよね(関連記事)。

 今日ご紹介する映像では、子供を助けてくれた人間に向かって、感謝を伝えるようなしぐさを見せたゾウさんの姿を見てもらおう。
スポンサードリンク


Wild Elephants salutes the men who rescued their baby elephant from a ditch

 この映像が撮影された場所は、南インドにあるケララ州だそうだ。溝か古い井戸の跡か、とにかく深いくぼみに落ちてしまった子ゾウが1頭、這い上がることができずに絶体絶命のピンチに。

elephantsalutes1_e

 それに気づいた近隣の住民や森林を管理している関係者たちが、子ゾウを救うために重機を持ち出したんだ。

elephantsalutes2_e

 パワーショベルで周囲の土を崩していくよ。
elephantsalutes3_e

 やがて溝が土で埋まっていき……。
elephantsalutes5_e

 子ゾウは無事に脱出することができたんだ。
elephantsalutes6_e

 駆け寄ってくる家族たち。よかったよかった!
elephantsalutes7_e

 そうして一度去りかけたゾウたちだったが、その時奇跡のような出来事が起こった。振り返った母親と思われるゾウが、助けてくれた人間たちに向かって鼻を振り上げ、まるでお礼のあいさつをするようなしぐさを見せたのだ。

elephantbaby

 周囲のニンゲンたちからも歓声が沸き上がる。そこにはある種の意思の疎通が、間違いなくあったように見えるよね。この光景に感動したお友だちが、コメント欄にも続出している。

・人間にだって、感謝しないヤツがいっぱいいるのに
・「感謝」って知能の高い生き物にしかない感情だよ
・ゾウっていうのは、確かに知能の高い生き物だからね
・助けてくれた親切な人たち、ありがとう!
・もしかしたら、人間に飼われたことのあるゾウだったのかなあ
・久しぶりにいいモノ見た
・涙が出てきちゃったよ
・南インドではよくある話


 インドの、それも南の方は日本人にとってあまりなじみのない地域かもしれない。広いインドでは、北と南はほぼ別の国と言ってもいいくらい文化も言葉も違う。

 とはいえAnimal Aidの活動といい、仏教のふるさと、そしてガンジーを生んだインドには、優しい人たちもたくさんいるのも事実なんだ。子ゾウとその家族たち、これからも元気に暮らしてくれるといいね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
カーブを曲がったらそこにはゾウさんがいた!バイクに乗ってるとこんな出会いもあるのがタイランド


子ゾウがプールに落っこちた!岸に上がれない子ゾウを助けるために2頭のゾウが協力するよ


「今日のおやつは何かしら?」ゾウさんがおうちに遊びに来るインドの日常的風景


遮断器が閉まってるけど、列車まだ来ないよね?と思ったか、鼻で遮断機をこじあけて踏切を渡っていくゾウさん


ママ、見つけた!はぐれたお母さんに駆け寄る子ゾウたち



このエントリーをはてなブックマークに追加