sbsdog10_e

 お隣の国韓国で、マンションのとある窓を見上げ続けている犬が発見された。首輪はつけているものの、誰かに飼われている様子も見えず……。この犬はなぜ、同じ部屋を見つめ続けているのだろうか。
スポンサードリンク


Dog keeps its eye on the 11th floor apartment..

 韓国のとある街にある、11階建てのマンションの駐車場。ここで日がな一日、とある1室の窓を見上げ続けている犬がいた。

sbsdog1_e

 いったいなぜ?
sbsdog2_e

 気になって近づく人がいても、犬はいつも逃げ出してしまい、決して人を寄せ付けようとはしないんだそうだ。

sbsdog4_e

 ところがそんな犬も、子供たちが相手の時は別の犬のように人懐っこい様子を見せる。子供たちはこの犬が誰かに捨てられたのだと思っているらしい。

 楽しそうに子供たちと触れ合うわんこ。
sbsdog5_e

 もしかすると大人の人間に、いじめられたり虐待されたりした過去があるのかもしれない。そもそもこの犬は野良犬なんだろうか。

sbsdog6_e

 ひとしきり子供たちと遊んだ後は、また同じ場所に戻って来て、同じ窓を見上げ続けるのだ。

sbsdog7_e

 と、その時マンションから一人の女性が出てきた。手に持っているのは犬のエサ?
sbsdog8_e

 なんとこの女性はこの犬の飼い主なんだという。飼い主と飼い犬?にしては、その微妙な距離感が気になるが……。

sbsdog9_e

 女性によると、この犬の里親となって引き取ったものの、犬はドアをすり抜けて逃げ出してしまい、以来ずっとこの状態が続いているんだそう。女性を飼い主と認識はしていて、顔を見ると喜ぶそぶりを見せるのだけど、決してそばに近づかせてはくれないんだそうだ。

 そこで一計を案じ、子供たちに協力してもらうことに。子供たちのことは怖がっていないようなので、女性を中心に子供の輪を作り、その中に犬を入れてみた。

sbsdog11_e

 計画は成功。子供たちの壁に阻まれた犬は、飼い主さんの腕の中に納まった。
sbsdog12_e

 ようやく家の中に入ってくれた犬。お風呂に入ってサッパリした後、遊びに来た子供たちと過ごしているよ。

sbsdog13_e

 子供好きなこの犬が、飼い主さんとの生活に慣れてくれるようになるまでは、子供たちの協力が欠かせないと思われる。大人の人間に恐怖心を持つ様子から、過去にどんな目に遭ってきたのか想像することしかできないけれど、これからはどうか幸せに暮らしてほしいね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
どうか強く生きてほしい。街角やシェルターで撮影された東欧のストリート・ドッグたち


何が何でも連れて帰るよ!アマゾンの真っただ中に取り残されていた犬を保護した男性がいた


本を盗んだ野良犬、その本のタイトルが意味深で無事保護される。


「お手してあげるよ、手を出して、ハイ反対も!」人懐っこい野良犬がお手とおかわりを要求するの図


犬版キャッチミー・イフ・ユー・キャン。2年間人間に触れられることのなかった犬が逃走の末保護されるまでの物語



このエントリーをはてなブックマークに追加