saveducks1_e

 毎年カモが子育てをする時期になると、よちよち歩きのヒナたちを引き連れたお母さんカモというご家族連れが、いろんなところで話題になっているよね。道路を渡る様子なんかは、すでに風物詩と言っててもいいかもしれない。

 ときどき変なところに迷い込んじゃったり、親とはぐれたヒナたちがいたりと、我々もハラハラドキドキ見守るしかないのであるが、たまに漢気のある誰かが颯爽と現れて、ヒーローの座をかっさらっていったりするんだ(とかとか)。
スポンサードリンク


Guy Risks Life To Save Ducks Trapped On A Roof | The Dodo

 今回の事件の現場となったのは、ドイツのとあるビルの屋上らしい。食べ物もないルーフガーデンで、ヒナたちを育てているカモが発見されたのだ。多少の植木があるとはいえ、水場もエサもないビルの上。一歩間違えば、まだ飛べないヒナたちが下に落ちてしまう恐れもある。

 しかもこの時、外気温は摂氏0度。飲まず食わずではカモたちの健康状態が心配だ。
saveducks12_e

 そこで名乗りを上げたのがこの男性。準備万端整えて、カモの親子の救出作戦に乗り出したんだ。

saveducks2_e

 まずはお母さんから離れて、端っこをうろちょろしていたヒナを確保。
saveducks4_e

 暖かいケージに保護したよ。
saveduck7_e

 もう1羽、すみっこに隠れているヒナも確保した。
saveducks5_e

 そぉっとヒナを運びながら、ハシゴを下りるのは至難の業だ。
saveducks6_e

 はぐれた2羽は保護したけれど、まだお母さんといっしょにいるヒナたちが残っている。どこにいるかと探してみたら、どうやらエアコンの室外機の下を隠れ家にしているようだ。

saveducks8_e

 全員いっしょに保護するために、大きなケージを用意して、カモたちをその中に追い込むことにした。まっすぐケージまで歩いて行ってね!

saveducks9_e

 よし、うまくいった! 全員無事に保護できたよ!
saveducks10_e

 この後、カモの親子は男性の手によってシェルターに運ばれ、適切な手当てを受けることができたそう。

saveducks11_e

 コメント欄ではこの男性の行動に称賛を送る声であふれていたと同時に、なぜ母鳥は水も食べ物もないビルの屋上で子育てをしていたのか、不思議がる声が寄せられていた。

・なんて親切な男なんだ!
・ヤツこそがヒーローと呼ばれるのにふさわしい
・本人に会ったことあるけど、本当にいいヤツだったよ!
・だけどなんであんなところで子育てしてたんだろう
・母鳥がたまたまあそこに舞い降りて、卵を産んだってことじゃない?
・危ないのに、マジで尊敬するわ」

 この出来事が起こったのは、去年の春のことだったそう。また来年もカモの子育ては続くと思うが、お母さんカモはくれぐれも、卵を孵す場所に気をつけてほしいものである。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
イギリスのおまわりさん、マガモ一家の横断を手伝う


お客さん、ちょっと待っててね!お仕事中に子カモたちを救出した心優しい運転手さん


「よっ、はっ、とっ!これで全部かな?」カモのご一家のお引越しを手伝った男性が何やらカッコイイ


みんなすくすく育ってね!高校の校舎を横断して水辺へと引っ越していくカモの親子


「ニンゲンさんあたしの子を助けて!」子ガモをレスキューする消防士たち



このエントリーをはてなブックマークに追加