dropped45
 
 生きていると、「ウワ…あの人にあんまり会いたくない。回れ右して別の道から行こう…」だとか思ってしまう誰かってできちゃうものだ。どうやらそれは心優しく生きている動物たちにも共通しているらしい。

 以前ご紹介したゾウと鳥の確執だけれども、どうも今もまだ鳥たちとゾウの緊迫状態は続いていたようだ。
スポンサードリンク


Goose challenges Zuri the elephant, and wins, at Utah's Hogle Zoo.

 池の中で心地よく揺られているガン(ガチョウ?)、そして同じく池に足を踏み入れる子ゾウのズーリ。そこには妙な緊迫感がある。顔を見るなりズーリなどは池から出ようとしたほどだ。

 ガンの迫力におびえているのか、ズーリはガンをどかそうと、わざと水をはねて歩き進む。しかし微動だにしないガンを見て、ズーリは池を背にすることにしたようだ。

 池に入るもガンの存在を発見して逃げ出そうとするズーリ
dropped46

 しかし思い直したのかおそるおそる進むことに
dropped45

 威厳を見せるために水しぶきを散らしながら進むも、ガンの圧倒的な雰囲気にのまれた
dropped47

 そしてズーリは池から出ていったようだ
dropped48


 以前から続いているこの確執、今後も見逃すことができない。いつしかゾウと鳥の異種間友情を見ることはできるのだろうか。人間なんて同種同士で毎日争っているんだもの、異種だらけの野生の国は我々の知らない問題そして解決といったドラマがたくさん起きているんだろう。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
一歩も引かないゾウVS鳥のもめ合い。どうやら鳥は何かを守っていたらしい。


「何もしないよ。だからどうか静かに去ってほしい」アフリカゾウと冷静に対峙するサファリガイド


遊ぼーとワニにねだるカバの赤ちゃんを追い払うゾウ


もうズッ友だよね!親を亡くしたゾウとダチョウのふれあい物語


もう寂しくないよ!だって友だちがいるんだもん!孤児のゾウとヒツジのやさしい関係



このエントリーをはてなブックマークに追加