runnawaydog8_e

 事件は今年の夏、ニューヨーク・シティのど真ん中で起こった。飼い主の腕を抜け出した1匹の犬が、車の行きかう道路を全力疾走。道行く人々が次々に確保しようとするけれど、そうは問屋が卸さない。

 さて、わんこは無事に飼い主のもとへ戻ることができるんだろうか。
Advertisement
Advertisement


Countless New Yorkers Chase Runaway Dog || ViralHog

 ニューヨークのとある通りを、1匹のわんこが全力疾走。飼い主さんらしき声が、「捕まえてくれ!」と叫んでいる。

runnawaydog1_e

 そこで「よっしゃ!」とばかりに追いかけ始めた撮影者さん。大通りに出ても、犬の勢いは止まらない! そっちに行ったら危ないよ!

runnawaydog2_e

 バイクで追いかけながら何度も犬を捕まえようとするけれど、犬は歩道を走ったり逆走したりと、必死に逃げ続けるんだ。

runnawaydog3_e

 道行く人々も手伝おうとするが、犬の動きは素早くってどうにもならない。
runnawaydog5_e

 待って待って、その先は高速道路だよ!
runnawaydog6_e

 自転車に乗ったお姉さんも協力して、犬を止めようとするんだけど、その間をすり抜けてとうとう高速道路へ入ってしまった!

runnawaydog7_e

 バイクを下りて、走って捕まえようとしたけれど無理だった。
runnawaydog9_e

 なんとか路肩に寄って、止まってくれないだろうか。
runnawaydog10_e

 その思いが通じたのか、疲れた犬は路肩の隙間で動きを止めた。ようやくミッションコンプリート。誰もケガしないで、本当によかったね。

runnawaydog11_e

 このわんこの飼い主さんは、実は動画の一番最初に一瞬登場したこの男性。
runnawaydog12_e

 犬はこの後、無事に飼い主さんの手に帰された。撮影者さんはうんと感激してくれるんじゃないかと期待していたらしいんだけど、実際は「サンキュー!」のヒトコトで飼い主さんは去って行ってしまったそう。

 別にお礼が欲しかったわけじゃないけれど、これだけ周囲をお騒がせしちゃったわんこ、必死のチェイスで確保したのに……と、少々肩透かしを食らって苦笑いの撮影者さんだったみたいだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Hope For Paws~高速道路の真ん中に子猫が!命がけの救出作戦が実行された


「おい、なんでこんなところに猫がいるんだ?」NYの市議会議員が高速道路で子猫をレスキュー


100歳以上と思われる高齢者が時速3キロぐらいで走行中、警官が呼び止めるも一向に聞かず...


「こっち見んな!」凍り付くカナダのハイウェイを疾走するオオカミたち


「抜かしちゃう?」「絶対イヤ!」サイがハイウェイを爆走するインドの日常的風景