bizarre0_e

 これまでにもたくさんの不思議な深海生物の姿をとらえてくれている、深海探査船のノーチラス号マランダーでもその活躍っぷりはすっかりお馴染みになってるよね。

 そんなノーチラス号から、またしても不思議なクリーチャーの映像が届いたよ。この生き物の正体、わかる人はいるかな?
スポンサードリンク


Gulper Eel Balloons Its Massive Jaws | Nautilus Live

 ハワイの海、1,500mの深海でノーチラス号のカメラがとらえたのは、オタマジャクシみたいな不思議な形の生き物だ。あれはいったい何だ?

gulpereelballoons1_e

 近づいてみよう。うん、オタマジャクシっつーか、オタマそのものに見えるな。
gulpereelballoons2_e

 およっ、ゆがんだ? 広がった?
bizarre3_e

 今度は縦に伸びたぞっ!
bizarre4_e

 い、いったい何者?
bizarre5_e

 うわぁ、口開けた?
bizarre6_e

 実はコレ、フクロウナギという生き物なんだ。この巨大な口で、大きな獲物も一飲みさ。どんだけ大きいかっていうと、自分のアタマの10倍くらいになるんだそうだ。

 口を閉じると、あらら~ウナギっぽい細さになっちゃったね。
bizarre7_e

 この動画を見た視聴者さんたちからはたくさんのコメントが寄せられているが、

・映像を見た今でも、どんな生き物なのか見当もつかない
・ポケモンって深海の生き物だったんだな
・思ったんだけど、科学者さんたちの反応って動物園に行った子供たちみたい
・科学者って可愛い人たちね
・ちょっと科学者と結婚したいって思った

 などなど、フクロウナギそのものよりも科学者さんたちの反応に萌えちゃったお友だちが多かったみたいだ。

 英語ではペリカンウナギとも呼ばれているこの魚、もっと見たいというお友だちには、オマケでこちらの動画も貼っておくよ。


Eel with mouth like a pelican

 フクロウナギについて詳しく知りたい? よしわかった。カラパイアで以前特集をしているので、こっちの記事もぜひ見てほしい。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
こんな優雅なゴーストならぜひ見てみたい?深海に棲むタコの貴重な映像がとらえられた


えっ、これ地上の生き物じゃなかったの?海底を連れ立って歩くカエルアンコウ


実際にこの目で見てみたい!ノーチラス号が撮影した深海の不思議な生き物たち


その名も「キング・オブ・ザ・サーモン」!珍しいフリソデウオの仲間の赤ちゃんが撮影されていた


海の底には知らない世界がいっぱい!自分で自分の身体を結んでしまうヌタウナギ(にょろにょろ出演中)



このエントリーをはてなブックマークに追加