bearcub0_e

 ロシアの極東地域にある山で、クマの親子が雪に覆われた崖を移動していく様子がドローンによって撮影された。

 何度も何度も滑り落ちながらも、けなげに登り続ける子グマの頑張りに、世界中から感動の声が上がっていたので、みんなにもぜひ見てほしいな。
スポンサードリンク


Fallen Bear Cub Climbs Back to Mama|| ViralHog

 この動画が撮影された場所は、ロシアのマガダン州というところ。カムチャッカ半島の西側、オホーツク海に面する酷寒の地である。

 雪に覆われた崖を、親(多分母親?)のヒグマとまだ小さい子グマが移動していく。
bearcub2_e

 親も子も雪に足を取られて、滑り落ちそうになりながら移動し続けていくよ。
bearcub3_e

 足を踏ん張り、必死に身体を支えながら、上を目指す親子。
bearcub4_e

 と、親グマが上にたどり着いたとき、子グマが滑り落ちてしまった!
bearcub5_e

 心配そうに見守る親グマ。大丈夫、子グマはまた登り始めたよ。
bearcub6_e

 親グマが登った跡をたどっていけば、楽に登れることに気がついたらしい。
bearcub7_e

 頑張れ、あともう少しだ!
bearcub8_e

 というところで、親グマが前足を伸ばして子グマをすくい上げようとした。だが子グマは驚いたのか、足を踏み外してしまう。

 今回はこんなに下の方まで滑り落ちてしまった子グマ。大丈夫かな?
bearcub9_e

 よかった、大丈夫のようだ。気を取り直して、また登るよ。
bearcub10_e

 あともちょっとだ、頑張れ!
bearcub11_e

 やった、上まで辿り着いた! 親も安心しただろうね。仲良く走り去って行ってくれて一安心だ。

bearcub12_e

 どうやらこの映像は、もともとクマたちを撮影しようとしていたわけではなく、山の動画を撮影していたところ、たまたまクマたちを見つけてそちらにフォーカスしたらしい。

 クマたちはドローンの存在に気がついて、焦ってしまったのかもしれない。動画は世界中でシェアされて大きな話題となっているが、

・うわ、これはドローンが悪い!
・近づき過ぎだよ!
・もうちょっとで上に辿り着いたのに、ドローンが近づいたせいで落ちたんだ
・あのな、カメラのズーム機能って知ってる?
・きっと音も聞こえていたと思うよ
・ドローンが驚かせたせいで、危うく子グマが命を落とすところだったじゃないか
・自然を守るためにも、もっとドローンの規制に取り組むべきだ

といった声が多く寄せられている。

 ドローンのおかげで、数々の素晴らしい映像を目にすることができるようになった反面、まだルールやマナーといった面では不十分な面もあって、議論は今後も続いていくようだ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ふふふ我々クマーの手にかかれば、こんなゴミ箱ひとたまりも…って、あれ?」ゴミ箱とクマとの壮絶な戦いをご覧ください


「あうち!お母さん、これ取って~!」子グマの爪が貝にぱっくりはさまれちゃった


木から降りられなくなった子グマを助けようと、必死に頑張る母グマの奮闘ぶり


クマのビッグマミーおもむろにゴロ~ンして授乳タイム


おじゃましてますよ。無邪気にハンモックで遊ぶクマの子どもたちが可愛い



このエントリーをはてなブックマークに追加