1810bbrn03

 子育てって、大変だなあ。

 ありきたりの感想かもしれないけれど、この映像を見ると、思わずこんな言葉が口をついて出てきてしまうのも、やむなしだと思うんだ。

 だって、お疲れモードでゴロンとお昼寝しようとしたお母さんのサイが、元気あまりまくりの赤ちゃんに「遊んで遊んで!」の猛攻を受けちゃって。少しもゆっくりできないんだからね。

 まったくしょうがないかわいさだよ。
スポンサードリンク



 2018年5月、イギリスにあるチェスター動物園で生まれたインドサイの赤ちゃん、アケノくん。とにかくやんちゃ盛りで、元気がありあまっているんだ。
 
 広い野原をとびはねるように走り回る姿は、まるでウサギか犬みたい。もう、自由に動き回れることが楽しくってしかたない!って感じが伝わってくる。

1810bbrn01

 でも子育て中のお母さんはちょっぴりお疲れモード。お昼寝でもしたくなったのか、ゴロンと横になったんだ。

1810bbrn02

 するとアケノくん。なんとママに飛びかかった!

 「ママ? どしたの? 遊ぼ???」
1810bbrn03

 何度かママの背にジャンピングアタックを試みたアケノくん。でも、ママは起き上がらない。「ここで相手をしてなるものか」という強い意志を感じるね。

 耳をピョコピョコさせて、どうしようかな……という顔のアケノくん。
1810bbrn04

 しかしもちろん、攻撃はここで終わらない。

 「ねえ遊んで? ねえ? ママ?」
1810bbrn05

 作戦変更。今度はママのお尻にグイグイと頭をすりつけ、起き上がらせようとしたのだ。

 今度は頭のほうへまわってグイグイ。「ねえママ〜、遊ぼうよぉ〜〜〜!」ママは「ああん、もう!」という感じで一度は頭をふったものの……。

1810bbrn06

 やはり愛しい我が子にはかなわない。

 体を横たえたのもつかの間、やれやれ……とばかりに立ち上がるママなのだった。

1810bbrn07

 ニンゲンも動物も、子育ての大変さには共通するものがあるのかもしれない、なんて思う動画だったよ。

 チェスター動物園によると、アケノという名前は「アジアが起源の言葉で“美しい夜明け”を意味する」んだって。



 まさにその名のとおり、生命の輝きに満ちあふれてるアケノくん。ママを困らせるのはほどほどに、でも元気いっぱいに育ってほしいな。

written by momo

あわせて読みたい
くんかくんか。そこからのゴロンゴロン。はじめての雪であそぶシロサイの赤ちゃん


うわっ、ビックリした、ごめんなさい!ライオンとシロサイのとある不幸な接近遭遇


「あたいもモフっておくんなサイ!」ドキュメンタリーを撮影中に野生のサイが飛び入り参加でモフ要求

母を殺されて1人で眠れなくなったサイの赤ちゃん、羊と過ごすことで心を癒やされる


サイの赤ちゃん、ママンと一緒にはじめてのお風呂でゴロンゴロン



このエントリーをはてなブックマークに追加