dropped29

 メギーさんは11歳のゴールデン・レトリバー。以前は歩き回ったり、飛びまわったり散歩や遊ぶことが大好きだったけれど、最近は足腰に問題を抱えており、50メートルほど進むのがやっとだという。けれども心は以前と同じくきっと果てしない冒険を求めていることだろう。そう考えた飼い主さんが、非常にナイスなアイデアを思いついた。

 
スポンサードリンク



 以前のように思う存分走り回れなくなった愛犬のメギーさんをかわいそうに思った飼い主さんは、メギーさん専用のカートを買い、お散歩に連れ出せるように毛布やタオルを敷いたのだ。

 お散歩ができなくなったメギーさんのために思いついた結果、手作りカートを作ることにした飼い主さん
dropped32

 メギーさんも本当は自分の足で歩きたいだろう、そして思う存分枯れ葉に体を突っ込んだり、草や花のにおいを嗅いだりしたいだろう
 その気持ちを汲み取り、自分にも何かできないか飼い主さんは考えた
dropped30

 手作りカートのおかげでメギーさんは散歩という犬にとって最大の楽しみを失わずにいられたようだ
dropped31


 大型犬は足腰の問題を抱えることは避けられないとはよく聞くことだ。足腰の問題を抱えるであろう未来をも含めて飼うという覚悟が必要だろう。犬をカートに入れて散歩させるというのは、よくある光景だという意見もあり、実際こういった事例もある。外の空気を味合わせてあげたい、ちょっとでも居心地よい老後を過ごしてほしい、そういう気持ちがきっと愛の一種なのだろう。愛するペットが不自由になったときにきちんとケアできる飼い主でありたいね。

References: Facebook/Paw's Planet/など / written by kokarimushi / edited by parumo
あわせて読みたい
車いすだって関係なし。みんな違ってみんなよくて、みんなで遊ぶとたのしい。保護犬たちの仲良し追いかけっこ


それでも走りたい!ハンディキャップを乗り越えて、ハッピーライフを見つけたシベリアン・ハスキー犬のマヤ


隣の犬は大きすぎた。大きくなっても甘えん坊な巨大犬たちファイナル


1匹+1匹は無限大!小型犬と大型犬の名コンビがおねだり上手で仲良し。


大好きだからパパの膝はぼくの席。飼い主から離れないゴールデン・レトリバー犬


このエントリーをはてなブックマークに追加