homelessdog8_e

 ペットたちはその生活、いやそのいのちを飼い主に依存して生きている。食べ物、住む場所、安全、健康への気遣い。すべて飼い主が責任をもって、与えなければならないもの。だがその飼い主に何かあったら?

 先日は突然入院した飼い主と犬の物語をお伝えしたけれど、今回は飼い主の死で野良犬となってしまっていた犬を、保護したお話をご紹介しよう。
スポンサードリンク


Neighbors told us that his owner died and he became homeless.

 この日Hope For Pawsのスタッフは、とある老人ホームの近くに野良犬がいるとの通報を受け、現場へと駆け付けた。

 近隣の住人によると、この犬の名前はヨーダといい、どうやら飼い主が亡くなってから野良犬となってしまったらしい。

homelessdog1_e

 今回ラッキーなことに、ヨーダが近所のお宅の私道に入り込んだため、道を行き交うクルマに気を取られることなく保護作戦を決行できる。

homelessdog2_e

 もともと飼い犬だったヨーダは、ニンゲンに対する警戒心もあまりないようだ。
homelessdog3_e

 用意していた捕獲用のネットも、どうやら必要ないみたい。
homelessdog4_e

 首輪もしたまんまだったので、リードもすぐにつなぐことができた。
homelessdog5_e

 ヨーダが事故に遭う前に保護することができて、本当によかった。
homelessdog6_e

 すっかりリラックスした様子で、安心しきってお昼寝タイム。
homelessdog7_e

 お風呂に入ってスッキリした後は、新しいお友だちができたみたいだよ。
homelessdog9_e

 最後にヨーダのお友だちになったワンちゃんは、以前マランダーで紹介したブロンディーだ。飼い主に捨てられて、人間不信に陥っていたブロンディーも、すっかり落ち着いている様子でウルっと来たよ。

 大切なペットを残していかなければならなかった飼い主も、そして残されたペットも、どちらも辛くて悲しい想いをしたことだろう。

 自分だっていつ何があるかわからないし、万一の際もペットたちがちゃんと幸せに暮らしていけるように、きちんと考えておかなければいけないね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
Hope For Paws~飼い主に捨てられた犬を助けたい!野良犬ブロンディー救出大作戦


何が何でも連れて帰るよ!アマゾンの真っただ中に取り残されていた犬を保護した男性がいた


Hope For Paws~もう心配ないよ、こっちにおいで!ちび犬ディンゴの保護物語


Stray Rescue~明日迎えに来るからね!母犬と子犬たちのレスキュー大作戦


家を買ったら地下室に犬がつながれていた!との通報に救助隊が駆けつけた



このエントリーをはてなブックマークに追加