1809dbtl06

 コロンビアのとある学術研究所にいる一匹の犬。この犬はキャンパスで働くスタッフに引き取られていて、いつでも自由に構内をうろうろしてるんだ。

 職員だけでなく、学生たちにもかわいがられてのびのびと暮らしている彼。学生たちはときどき、クッキーを買い与えてやったりしていたそうだ。

 ところがある日、この犬が思いがけない行動をしてニンゲンたちを驚かせた。1枚の葉っぱをくわえて売店のカウンターに差し出し、クッキーがほしいとねだったのだ。
 
スポンサードリンク

 こちらがその犬。名前はネーグローさんというそうだ。コロンビアにある「カサナレのモントレイ技術教育研究所」で人々にかわいがられている。

1809dbtl02
image credit:A Peña J David

 売店で教師や学生が買い物をしている姿を間近で見てきたネーグローさん。なにやらピラピラしたものをこのカウンターの向こうにいるニンゲンにわたせば、おいしいおやつがもらえる!と学んだようなんだ。

1809dbtl00

 いつもは、ニンゲンが気まぐれにクッキーを買ってくれるけど……。
1809dbtl05
image credit:A Peña J David

 「自分で買えば、好きなだけ食べられるんじゃね???」

 と、どうやら気づいてしまったらしい。
1809dbtl05a
image credit:A Peña J David

 こうしてネーグローさんは、たびたび葉っぱを持ってきては、引き換えにクッキーをねだるようになった。

1809dbtl01
image credit:A Peña J David

 困っちゃったのは売店の店員さん。最初は、ネーグローさんのかしこさに心底びっくりして、思わずクッキーを"売ってしまった"んだって。

1809dbtl03
image credit:A Peña J David


 でもさすがに毎回"葉っぱのお金"でお買い上げいただくわけにもいかない……。

 ということで店員同士話し合った結果、いまは1日2〜3回までなら、ネーグローさんにクッキーを売ってもよい。ということになったんだそうだ。

1809dbtl07
image credit:A Peña J David

 とあるキツネは、ちゃんと硬貨をにぎりしめて手ぶくろを買いに行ったけれど。まさか葉っぱのお金でクッキーが買えちゃうとは、びっくりだね。
 
 あまりのかしこさに、まわりのニンゲンたちをあっと言わせたネーグローさん。これからもみんなにかわいがられながら、お買い物を楽しんでくださいな。

written by momo

▼あわせて読みたい
1000の名前を記憶する天才ボーダーコリーに、知らない名前を言ってみた


ぷはーっ、うめぇ!キンッキンに冷えてやがるよ!冷蔵庫からビールを運んでくる犬たち


賢い柴犬、仲間からヨーグルトの空容器を鮮やかにゲットだぜ!


セルフィ―もばっちり。うしろ向きの飼い主の命令にも従える、未来のK9ドッグ


おはよう!朝だよ!オヤツちょーだい!赤ちゃんを子供部屋から連れ出すゴールデンたち



このエントリーをはてなブックマークに追加