1809rscl00

 以前マランダーでご紹介した『誰が一番早くおやつの入ったパズルボックスを開けられるか』という実験を覚えているお友達はいるかな?

 140種の動物がトライした中で、一番早くパズルを解けたのはクマ。そして二番目はアライグマやハナグマの仲間だったんだ。

 でも、一般的に「かしこい動物といえば?」「アライグマ!」……って感じではないよね。てなわけで、アライグマがめちゃんこかしこいってことがよく分かる動画をご紹介しようと思うよ。
スポンサードリンク


Racoon Demonstrates Problem Solving Skills | Earth Unplugged

 今回の動画の主役は、アライグマのラスカルさん。
1809rscl02

 余談だけど、ネーミングセンスって世界共通なんだなあと思うと、ちょっとにっこりしてしまうね。

 さて、ラスカルさんが挑戦するのは、おやつが置かれたトンネル状の通路だ。

1809rscl01

 この通路の途中には扉が4ヶ所あり、それぞれ違うタイプの鍵がついている。

1809rscl03

 その鍵を開けて扉の向こうに行くことができれば、おやつが食べられるというわけ。

 いざ、ラスカルさんの挑戦スタート!
1809rscl05

 第一関門はなんなくクリアだ。
1809rscl06

 おやつは大好物のブロッコリー。
1809rscl07

 金属製の鍵には少し苦戦。
1809rscl08

 でも、一度開け方を覚えれば、それが扉の向こう側だってこのとおり。ラスカルさんには鍵が見えていないけれど、前足の感覚だけで開けてしまうんだ。

1809rscl09

 こうしてラスカルさんは、最後のパズルまでクリアして無事におやつをすべてゲット。とっても満足そうな顔をしていたよ。

1809rscl00

 アライグマの前足は器用なだけでなく、とても敏感なのだそうだ。触った感触を受け取る器官がとても発達していて、脳でその情報を処理する部分も、ほかの哺乳類に比べて大きいのだという。

 記憶力もかなり良くて、一度開けたことがある鍵なら、1年以上経っても開け方を覚えているというから驚きだね。 
written by momo

あわせて読みたい
自分を犬だと思っているアライグマ。まったりのんびり犬たちとの日常的風景


「ちょ、賢すぎるだろ!」バードフィーダーの中身が食べたいアライグマ、見事やらかす


「がんばれ、屋上まで超がんばれ!」見守られつつ高層ビルの絶壁を登るアライグマ


ぐるんぐるん、ちょっと狭いよ、出て行って!吊るされたバケツで遊ぶアライグマたち


保護されて一挙にペット化が加速した。元野良アライグマ、ソファでモフ要求が止まらない



このエントリーをはてなブックマークに追加