1809ctpl02

 アメリカのオレゴン動物園。ここで暮らす2匹のチーターたちのために、飼育員たちがめちゃくちゃナイスな装置を開発したよ。

 おもちゃのボールをうんと遠くへ飛ばすためのカタパルト=射出装置。名付けて、チータパルトだ。

 ポーンと飛んでいったボールを、元気いっぱいに追いかけるチーター。のびのびと走る様子がもう、うれしそうったらありゃしないんだ。 
スポンサードリンク


Toucan Tries SPARKLING WATER for the First Time!!

 アメリカ、ポートランドにあるオレゴン動物園。広大な敷地の一角に、タンザニアのセレンゲティ国立公園をイメージした捕食動物たちのエリアがある。

 そこで暮らす2匹のチーター、ダーリーンさんとメリー・ジェーンさんがいま夢中になっているのがボール遊びだ。

 それもただのボール遊びじゃあない。専用の射出装置「チータパルト」で、思いっきり打ち上げられたボールを、地上最速ともいわれるその足で、弾丸のように追いかけていくのだ。

 準備中の飼育員の前でソワソワ。
1809ctpl01

 「いっくよ〜!」
1809ctpl00

 ポーーーーン!
1809ctpl02

 美しくしなやかな体で駆けながら、ボールを追う。
1809ctpl03

 み〜っけ!
1809ctpl03

 ちょっと誇らしげにも見えるね。
1809ctpl03a

 そしてこのままでは終わらない。ボールを見つけたチーターは、なんとそれをくわえたまま飼育員の元まで持って帰ってくる。

1809ctpl04

 そして、きちんとバケツの中へ返すのだ。
1809ctpl05

これはもちろん「第二ラウンド行くで」のサイン。また打ち上げられたボールを追って、チーターは走り出していく。

1809ctpl06

 見ているこちらまで気持ちよくなる走りだね!
 
 飼育員のフォスターさんは、チーターたちに「野生での暮らしに近い運動をさせたい」という思いから、この"チータパルト"を開発したんだそうだ。

 最初はテニスラケットでボールを打っていたけれど、全然飛ばないし、チーターたちにもあまりウケがよくなかったらしい。

 チータパルトは、チーターたちを相手に何度も試した上で完成させた、いわばチーターおすみつきの装置だ。ボールの飛距離も、最大で45メートルほど。

 そのかいあって、いまのチーターたちはとても楽しそうだ。ボールの行方を追い、瞬発力で駆けていく姿はまさに、狩りの様子そのものだよね。

 しかし、この動画を見たお友達は、ちょっと違う点が気になっているらしい。

・でっかい猫、っていうより犬みたいだな
・うちの犬よりボール拾いがうまい。
・うちのレトリーバーよりちゃんとボール拾ってる……
・チーターのほうが犬よりボール拾いがうまいんだな
・犬よりチーターのほうがかしこくてツラい

 ちゃんとボールを拾って飼育員のもとへ持ってくるその姿に、猫というよりは犬の姿を想像したお友達が多かった。

 中でも、"ボール拾い遊び"がうまくできない犬を飼っているお友達には、ちょっぴり切ない気持ちになる動画だったみたいだね。
 
written by momo

あわせて読みたい
チーターが鳴いてみた。なんだか想像よりも可憐な「にゃあ」が聞こえてきた


うわあ、うらやましいけどちょっぴり怖い!サファリトラックに乗り込んでくるチーターたち


犬ってやっぱりすごい。犬と過ごすことでチーターの緊張と恥ずかしがりが改善されるらしい。


「すごい、ちゃんと周りを確認してる!」チーターにセットしたカメラで狩りの様子を観察してみた


猫はレーザーポインターが好き。じゃあ大型猫は?実験してみた結果こうなった



このエントリーをはてなブックマークに追加