elephantsnbicycle0_e

 タイのチェンマイにあるゾウの保護施設、エレファント・ネイチャー・パーク

 ここの飼育員のレック・チャイラートさんとゾウのファー・マイは、深い愛情と友情の絆で結ばれていることは以前お伝えしたとおりである。今日はそんな1人と1頭の仲良しっぷりを、もう一度見てもらおうと思うんだな。
Advertisement
Advertisement


Elephants follow a woman riding a bicycle

 ゾウたちのど真ん中を、颯爽と自転車で通り過ぎるレックさん。
elephantsnbicycle1_e

 と、その後をファー・マイたちが追いかけはじめたよ。
elephantsnbicycle2_e

 レックさんが大好きで大好きでたまらないファー・マイ。
elephantsnbicycle3_e

 長い鼻をレックさんの身体に巻き付けるようにしながら、仲良く寄り添ってお散歩だ。
elephantsnbicycle4_e

 これは器用! 後ろ向きにレックさんの後についていくファー・マイ。
elephantsnbicycle6_e

 マランダーではすっかりおなじみになったこの施設では、劣悪な環境に置かれていたり、虐待を受けたりしていたゾウたちを保護し、安心して暮らせる環境を提供し、そして人々へゾウについて学び知ってもらうことを目標に活動を続けている。

 実際アジアでは重労働に従事させられているゾウたちも少なくないわけで、ここ初めて安住の地を見出したゾウたちもたくさんいるんだ。

 今ではそんなゾウたちにも二世が生まれ、家族そろって幸せに暮らしている世代も増えてきているらしい。この施設では見学者も受け付けているので、タイの古都チェンマイを訪れる機会があったら、ここのゾウたちに会いに行ってみるのもいいと思うよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ごめんなさいね、でもこっちの方が大事なの」子ゾウに子守歌を歌ってもらいたくて、飼育員さんを拉致したゾウ


「もうしょうがないわね、この子ったら」泥にハマって起き上がれない子ゾウを助けるお母さんゾウ


オリンピック目指そうかな。新体操の選手のようにリボンで遊ぶアジアゾウ


「ちょっとそこ通してもらっていい?」「あ、うん、どうぞ」タイのゾウと犬たちの間に流れるまったりゆったり平和な時間


大好きな命の恩人とキャッキャウフフの追いかけっこを楽しむゾウ