angryswan5_e

 以前イギリスの保護団体Wildlife Aid財団の活躍で、ネットに引っかかったキツネを救助したお話をご紹介したことがあるんだけど、覚えていてくれた人はいるかな。

 あの団体の創始者でもあるサイモンさんが、今日呼ばれて行ったのはテムズ川沿いのとあるお宅だったんだ。そこで待っていたのは、お怒りモードのあの生き物だったのだが……。
スポンサードリンク


Cygnet rescue - Simon beaten up by an angry swan

 イギリスはテムズ川沿いのこちらのお宅。その裏手に、なにやらお怒りのハクチョウ氏がいるらしい。

angryswan1_e

 サイモンさんが行ってみると……。
angryswan2_e

 ヒナが1羽、フェンスに挟まって動けなくなっていたんだ。
angryswan3_e

 早速助けようとするサイモンさんだったけれど、警戒しまくりのパパは、「うちの子に何すんじゃ!」とばかりに攻撃態勢。

angryswan4_e

「わかったわかった」と、手早くヒナの救出に成功。
angryswan6_e

 よかったよかった。さあ「ほら、返すよ」とヒナをパパ氏の前に置いてあげたけれど。

angryswan7_e

「あっち行け、早く行け、近寄るんじゃねぇ!」 
angryswan8_e

 さすが戦闘鳥族のハクチョウ氏、例え助けてくれた相手でも、ニンゲンなんかに心を許すもんじゃないんである。

「もう落ち着いたかい? よかったな」と、声をかけるサイモンさん。きょうだいたちみんな揃って泳ぐヒナたちも幸せそうだ。お母さんお父さんと仲良くね。

angryswan9_e

 ところでこの日サイモンさんは、夕食の途中で呼ばれて飛び出て駆け付けてきたんだそう。この後はゆっくりと食事を楽しめたんならいいんだけど。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
また出た。横断歩道を渡るハクチョウ一家、自転車を威嚇する


ハクチョウのご一家、道路を占拠し家族で日光浴を楽しむ


あの優雅な水鳥は、実のところ誇り高き戦闘民族だったらしい。怒れるハクチョウたち総集編


大げんかの末か?白鳥の首がもつれて大変なことに。人間にほどいてもらって一件落着


戦闘モードにスイッチ完了!犬を威嚇するハクチョウは意外と凶暴な鳥だった



このエントリーをはてなブックマークに追加