whalesharkdive0_e

 先日は子供のジンベエザメが、漁師さんたちの手で海に帰った話をお届けしたけれど、子供でも十分でかかったよね。

 だけど大人のジンベエザメってば、やっぱこんなにでかかったんだ!と思わず感動しちゃうような映像が届いたよ。巨大なジンベエザメといっしょにダイビングを楽しんじゃった、ラッキーな女性をご紹介しよう。
スポンサードリンク


Kerenina Sunny Free Diving with Whale Shark Dive

 インドネシアのスラウェシ島北部にあるゴロンタロ。その沖合にある海で、人生初のフリーダイビングを体験していた女性が、超ラッキーなことにジンベエザメと出会ったらしい。

whalesharkdive1_e

 この大きな口を見てくれ。ニンゲンなんかあっさりパックンチョされそうだよ。
whalesharkdive2_e

 ジンベエザメのご飯は小さな小魚やプランクトン。わかっちゃいるけどでけぇな。
whalesharkdive3_e

 なんせアタマのあたりは幅が1.5m、それだけで女性の身長並みだし、全長では10メートルを超えるんだとか。

whalesharkdive4_e

 ところでジンベエザメはともかく、女性のナイスバディに見とれてしまった大きいお友だちもいるんじゃない? いや隠さなくてもいいんだって。

 さもありなん、この女性はミス・インドネシアの栄冠に輝いたこともあるケレニナ・サニーさん(32)。アメリカ人とのハーフな彼女は、ゼウスくんっていう可愛いワンちゃんとご主人でもあるみたいだよ。


 インドネシアってことで、コモドオオトカゲとのツーショットも行ってみよう!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
二度と引っかかるんじゃないよ!漁網にかかって水揚げされちゃったジンベイザメ、無事海に帰る


突然小魚の群れに覆われたダイバー。その背後から現れたのは、あの巨大な生き物だった


「ニンゲンさん、はじめましてこんにちは」人懐っこいジンベイザメの赤ちゃんと泳ごう


なんてラッキーなワタシ!ジンベイザメといっしょに泳いじゃった!


ちょっとコレ、はずしていただけませんか。網が巻き付いたジンベイザメを助けようとするダイバー


このエントリーをはてなブックマークに追加