goosevistsman0

 以前カラパイアでお伝えした、助けてくれた人間の男性の恋人気取りのカナダガン、カイルのお話を覚えている人はいるかな。あのカイルがなんと、お母さんになったらしい。おさらいを含めて、カイルが今どうしているのかを見てみよう。
スポンサードリンク


Goose Visits Man Who Rescued Her Every Day | The Dodo

 アメリカのオレゴン州にあるオスウィーゴ湖。ここには疾走するボートとといっしょに飛ぶカナダガンがいる。

 毎朝、湖畔のリゾートに勤めるマイク・ジヴァンジーさんのボートに並走して飛ぶこのガン、名前はカイルという。

goosevistsman1

 湖で溺れかけていたところを、マイクさんに救われたカイル。
goosevistsman2

 どうやら足にケガをしていたため、親鳥に育児放棄されてしまったらしい。
goosevistsman3

 ボートに飛び込んできたカイルを保護したマイクさん。
goosevistsman4

 親に見放されたカイルを、マイクさんは自分の手で育てることにした。
goosevistsman5

 そして立派に育った後も、カイルはマイクさんのそばを離れようとしなかった。
goosevistsman6

 そしてある時から、マイクさんのボートに並走して飛ぶことを楽しむようになったそう。

goosevistsman7

 まるで犬の散歩をしてるみたいだと、マイクさんは語る。
goosevistsman8

 普段の所業もわんこのよう。オヤツをこっそりたべちゃったり、イタズラをしたり。「オマエがやったんだろ、カイル?」とマイクさんがとがめても、「知らないわよ」と決して罪を認めようとしないらしい。

goosevistsman9

 そんなカイルに、ユージーンという名のボーイフレンドができた。
kyle1

 そして2羽の間に子供が生まれたんだ。だがカイルはどうやら、子育てには向いてなかったみたい。やむなくマイクさんは、再びヒナを育てあげることになってしまった。

goosevistsman10

 ジャックと名付けられたヒナは、マイクさんのもとで元気に大きくなっていった。生まれたばかりのヒナの子育ては、24時間仕事だ。マイクさんも当時は大変だったらしい。

goosevistsman11

「ヒナを育てるのは大変過ぎて、おススメはしないよ」とマイクさんは語る。それでもジャックはすくすく育ち、マイクさんの邪魔をしまくるように。

goosevistsman12

「今やこいつらはボクのルームメイトなんだ。家賃は払ってないけどね」
goosevistsman13

 ジャックも今ではカイルと同じくらいの大きさに育った。もしかすると近いうちに、カイルさんにも孫ができるかもしれないね。

Kyle Gooseさん(@kylethegoose)がシェアした投稿 -


 カイルとジャック、そしてマイクさんの近況は、インスタグラムで見ることができるよ。ぜひ訪問してみてほしいな。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
攻撃的になった鳥とのケンカの仲裁に入った犬。両者を傷つけずに飼い主を守った忠犬


「真実はいつもひとつ!」ガチョウとハリネズミの関係は、果たして仲良しさんなのか追いつ追われつなのか?


「お願い、子供を助けて!」と、おまわりさんを呼びに来たカナダガンのお母さん


鳥たちといっしょに大空を飛んでみないか?渡り鳥を訓練しているバードマン


おまえら俺を怒らせた。ギャングスタガチョウの逆襲


このエントリーをはてなブックマークに追加