fishsurrounddiver1

 真っ青な海でダイビングを楽しんでいたダイバーが、突然黒っぽい小魚の群れに襲われた。いや、覆われた!

 ダイバーを取り巻くようにベイトボールを形作る小魚たち。それは食物連鎖の下位に生きる生き物たちの、生き残るための知恵だったんだ。
スポンサードリンク


Fish Surround Diver In A Bait Ball For Protection From Shark

 今回の映像が撮影された場所は、エジプト東部のリゾートタウン、ハルガダ沖の紅海だ。ダイバーのトビアス・サックスさんは小魚の群れにまとわりつかれてしまった。

fishsurrounddiver2

 小魚たちが身を守るために、球状の群れとなっている様子を「ベイトボール」というけれど、そのボールの真ん中にトビアスさんがいる状態だ。

fishsurrounddiver3

 ぐるぐると周りを泳ぎながら、しっかりとトビアスさんから離れないようにしている様子だ。

fishsurrounddiver

 と、その背後から静かに現れたのは、巨大なジンベイザメ!
fishsurrounddiver4

 ジンベイザメは、オキアミやプランクトンのほか、小魚たちも主食としている。そのジンベイザメから身を守るため、小魚の群れはダイバーを芯にしてベイトボールを作っていたらしい。

huskyjelousy6

 巨体で知られるジンベイザメだが、その性格は温厚であり、人間を襲うことはまずないと言われている。小魚たちは経験からか本能からか、そのことを理解してこんな行動に出たようだ。

 もちろん温厚だとか穏やかというのは人間からの視点であって、小魚たちから見たら恐ろしい捕食者以外の何物でもない。自らのいのちを守るために、とっさの機転を利かせることができる小魚たち。たかが魚と侮るなかれ。ヤツらは意外にもかなり賢いのである。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
浅瀬に追い込んだ理由とがコレ。サメに襲われてパニックになる小魚たち


「はい、ちょっと横からいただきますよ!」イルカを利用して餌を取るオットセイ


あったかくなってでてきちゃった。ビーチ付近に遊びに来たサメたちの追い込み漁


これもまた思い出だから。トロピカルフィッシュに餌やりしてたらサメの赤ちゃんがタイアタックル!


クルージングのはずが…獲ったどー!!!なぜだかボートに飛び込みまくる魚の正体は?



このエントリーをはてなブックマークに追加