wildboar0

 イノシシの赤ちゃんのことを「ウリボウ」っていうよね。地域によってはウリンコとかウリンボウとか、いろいろ呼び名があるらしい。漢字で書くと「瓜坊」。シマシマ模様が瓜ににていることから、そう呼ばれるようになったみたいだ。

 なかなか普段は見る機会のない、ウリボウたちを写した動画を見つけたよ。子ブタちゃんとは一味違った、ウリボウたちを見てみよう。
スポンサードリンク


Wild Boar: A Family Story

 イノシシは通常、4~5匹の赤ちゃんを産むんだそうだ。
wildboar1

 ウリボウたちの一日は、お母さんのおっぱい争奪戦から始まる。
wildboar2

 お腹がいっぱいになったら、今度はお母さんにかまってもらう競争だ。
wildboar3

 一通り満足したら、きょうだい同士でのプレイタイム。走り回り跳び回り、元気いっぱい遊びまわるよ。ケンカしているように見えるけれど、これも生きていく術を学ぶ大事な遊びなんだ。

wildboar

 そして一日の終わりには、全員集まって仲良くおやすみなさい。
wildboar4

 かわいいウリボウどうだったかな? この縞模様は、草や藪で身を隠すための保護色の意味合いも持ってるんだ。だいたい生後4ヶ月くらいで乳離れするころには、このくっきりした縞模様は消えてくるんだそうだよ。

 大人のイノシシは、大きなものでは体重が軽く300kgを超えるものもいるそうだ。でもどんな生き物でも赤ちゃんは本当に可愛いよね。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
トウモロコシ畑を刈り取っていたらばだ。たくさんのイノシシたちが現れた!


ウリボウを保護してみたら、こんなに育っちゃったでござる。ラブリーなイノシシと暮らすイタリア人


和んでばかりいられない!人間と動物の間に起こった決定的瞬間を激写


元あったところに戻すだけ。むしろなんでできないの?オモチャをどんどん片付けてくれるかしこいブタ


白い砂浜とエメラルドグリーンの海。そしてブタが泳ぐトロピカルビーチはいかが?



このエントリーをはてなブックマークに追加