hanumanlangurs0

 日本でおサルさんといえば、赤い顔、赤いおしりのニホンザルを思い浮かべるけれど、インドではニホンザルの親戚のマカク属のほかに、スラっとしていて黒い顔、白っぽい毛並みのハヌマン・ラングールもよく見かける。

 インドのカルナタカ州で、野生のハヌマン・ラングールたちと仲良く遊ぶ男の子が話題になっていたので紹介するね。

スポンサードリンク


हर रोज इस बच्चे को नींद से जगाती है लंगूरों की टोली

 ここはカルナタカ州のアラプールという村。2歳になるサマルタ・バンガリくんは、毎日ハヌマン・ラングールの群れに混じって遊んでいるんだ。

hanumanlangurs1

 サマルタくんが初めてハヌマン・ラングールに触れ合ったのは、1歳半の時。泣いていたサマルタくんにおばあちゃんがオヤツを渡したところ、サマルタくんはそのオヤツを外に持って行って、木の上にいたラングールにあげちゃったんだって。

 すると他のラングールも次々に寄って来て、もっとくれとねだるようになったんだ。
hanumanlangurs2

 大人たちは最初ビックリして、サマルタくんを守るためにラングールたちを追い払おうとしたんだけれど、そうするとラングールたちは大人の村人たちを攻撃するようになってしまった。実際に噛みつかれてケガをした人もいたらしい。

hanumanlangurs3

 だがサルたちは、サマルタくんには指一本触れなかった。サマルタくんはこれだけのラングールに囲まれても、引っかき傷ひとつ作ったことがないという。

 もともとこの村の周辺には、2つのハヌマン・ラングールの群れがいて、お互いにいがみ合っていたらしい。そのとばっちりを受けて、村に被害が及ぶこともあったそうだが、サマルタくんとサルたちの絆が深まると、自然とサル同士の争いも収まったんだそうだ。

hanumanlangurs4

 今ではサルたちは、朝になってもサマルタくんが遊びに来ないと、わざわざ起こしに来るまでになった。その様子は下の動画で見られるよ。


Boy and Wild Monkeys Make Unlikely Friends | Nat Geo Wild

 ハヌマン・ラングールは以前にもマランダーで取り上げたこともあるけれど、お寺や遺跡など観光地にいることも多く、人には慣れているサルなんだ。

 このサルの名前についている「ハヌマン」は、サルの姿をしたヒンドゥー教の神様のこと。ハヌマーンともいうよね。孫悟空のモデルになったともいわれている神様だ。

 村人たちは、サマルタくんがこのハヌマン神の加護を受けていると信じるようになったらしい。今では近隣の村からも、サマルタくんとラングールたちの仲良しっぷりを見物に来る人たちが絶えないという。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
さあ、オヤツはどっちに入ってるかな。ハヌマンラングールとトリックで遊ぼう


「ゴシゴシ、ゴシゴシ、ああキモチいい!」自分で身体を洗っちゃうおサルさんのバスタイム


これイヤイヤ!早く取って!マーモセットの赤ちゃん、おむつトレーニングに苦戦中


コレって何のアニメ映画?マンドリルの顔芸に思わず笑顔になっちゃう動画


このモコモコの生き物たちはなんぞ?ワオキツネザルがウサギの赤ちゃんたちにめろめろな件



このエントリーをはてなブックマークに追加