fightingcats0_e

「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」なんて言葉があるけれども、他人、いや他生物のケンカに首を突っ込んでみたところで、ロクな結果にならないのはある程度予想がつくことだ。「触らぬ神に祟りなし」とか「君子危うきに近寄らず」って言葉もあったかな。

 そんな先人の知恵はカラスの世界にはないのだろうか。猫のケンカの仲裁に入ったらしいカラスが発見されたんだけど、うまく仲直りさせることができたのかな。
スポンサードリンク


Ворона-пакостница вмешалась в драку котов

 舞台は多分ロシアのどこかと思われるが、駐車場で何やら騒ぎが起こっているようだ。「カァカァ」というカラスの鳴き声に混じって聞こえてくるのは、猫の威嚇ボイス。お、ケンカだケンカ!

fightingcats1_e

 カラスは単なる野次馬なのか、それとも仲裁しようとしているのか、はたまたレフリーを務めている気なのだろうか。

fightingcats2_e

 場所を変えた猫たちを追いかけて行って、ちょっかいを出しまくっているカラスだが、猫たちはそれどころじゃない。

「ブレイク ブレイク!」
fighthingcats8_e

「邪魔にゃ!」「あっち行くにゃ!」と邪険にされても、懲りずに追いすがるカラス。
fightingcats3_e

 最終的にこの2匹と1羽がどうなったのかは不明だ。判定の結果がどうあれ、仲直りしてくれたんならいいんだけど。

 ロシアではどうやら、猫のケンカにカラスが首を突っ込むのは初めてではないらしい。同様のシチュエーションの動画をおまけで貼っておくので、よかったらこっちも見てみてね。


ДРАКА (коты вороны)

written by ruichan

▼あわせて読みたい
いいえ、欲しいのはオヤツじゃないの。光り物ハンターのカラスが窓にやってきた理由


「うん、おいらカラスなんて気にしてないよ、ライオンだからね!」尻尾にイタズラされてもどこ吹く風の百獣の王


「ボーイ・ミーツ・ガール」何がカラスにそうさせたか。カラスとフクロウの微妙な関係はこの後すぐ!


こいつぁヤバい。カラス先輩らの闇取引の瞬間をとらえた画像が海外掲示板で話題に


「ハロー、帰ってきたよ!元気だった?」助けてくれた人間の家に毎年挨拶にやって来るカラスたち



このエントリーをはてなブックマークに追加