therapydog0

「セラピードッグ」をご存じだろうか。最近は日本でもセラピー犬などといった呼び方で知られるようになってきたが、闘病中やリハビリ中の患者たち、あるいは高齢者や障害のある人々の支えとなり、孤独を癒し、勇気や気力を与えるよう訓練された犬たちのことだ。

 そんなセラピードッグの一日を追った動画を発見したので、ぜひとも見てほしいと思いシェアするよ。
 
スポンサードリンク


BARNEY a Therapy Dog in a Children’s Hospital

 セラピードッグのバーニーの1日は、8時にご主人のニコルさんに起こされることで始まる。まだ眠そうだけど頑張って起きよう!

therapydog1

 ご飯を食べて支度ができたら出勤だ。
therapydog2

 まずペットサロンに寄って、身だしなみを整えるよ。
therapydog3

 さあ、ここがバーニーの活躍する、フェニックス・チルドレンズ・ホスピタルだ。
therapydog4

 早速入院中の子供たちにご挨拶。みんなバーニーに会うのを楽しみにしてくれているんだ。見てこのとびっきりの笑顔。

therapydog5

 プレゼントのちびバーニーのぬいぐるみをもらって、嬉しそうな子供たち。
therapydog6

 バーニーといっしょなら、リハビリだって頑張れる!
therapydog7

 院内学級にも顔を出すよ。長い入院中、外に出られずお友だちとも離れて過ごさなければならない子供たちにとって、バーニーとの触れ合いはかけがえのない時間だ。

therapydog8

 バーニーは2010年に生まれたセント・バーナード。2012年からセラピードッグとしての活動をスタートさせたんだ。


 フェニックス・チルドレンズ・ホスピタルでは、バーニーのほかにもたくさんの犬たちがセラピードッグとして、子供たちのケアの一翼を担っている。犬たちと触れ合うことで、子供たちにはたくさんのメリットがあるんだそうだ。

 一例をあげると、

・起き上がったり、病室の外に出ようという意欲がわく
・積極的に治療したいと思うようになる
・身体の不快感や痛みを一時的にせよ忘れる
・周囲と関わろうとするようになる
・気持ちが明るくなる
・家族や医療スタッフとの関係が改善される
・困難なことにも立ち向かおうとするようになる

 これからはセラピードッグの活躍の場は、どんどん増えるのではないだろうか。日本では日本アニマルセラピー協会が、トレーニングと資格認定をおこなっているので、興味のあるお友だちはぜひHPを覗いてみてほしい。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
盲目の女性、特殊なメガネを使用してずっと誘導してくれている盲導犬を見た時の反応


とっとこ走ってくるよ。セラピードッグのノーバートさん、スタタタっと近寄ってくる。


100個のオモチャを毎日2階に運び上げるセラピードッグのモヒートローズさん、保護子猫をウェルカム


かわいいだけじゃないんやで!重要任務に就く子犬たちのドキドキ任務初日の様子を見てみよう


盲目のセラピー犬スマイリーさん、マッサージが気持ちよくてこの笑顔!



このエントリーをはてなブックマークに追加