racoonvsbirdfeeder0

 庭に小鳥たちのためのエサ場を設置しているというお宅はよく見かける。最近はオシャレで機能も豊富なバードフィーダーも売られていて、リスやほかの生き物に横取りされるのを防ぐ仕掛けもついていたりするんだ(関連記事12)。

 だけどどんなに工夫を凝らしても、敵もサルものアライグマ。イタチごっこになってしまうのはやむを得ないことなのかもしれない。
スポンサードリンク


Raccoon Climbs Bird Feeder - 992121

 庭に設置したバードフィーダーにやってきたアライグマ氏。
racoonvsbirdfeeder1

 よっこいしょっと、エサ入れに後ろ足をかけてっと。
racoonvsbirdfeeder2

「待てよおい、フタを回して開けてるぞ!」

 撮影者さんたちがビックリして見つめる中、みごとフタを開けることに成功。中に入っていたエサは地面の上にバラまかれた。

racoonvsbirdfeeder

 美味しいご飯に無事ありつけたアライグマ。いやあ本当に頭がいいね。今回のフィーダーにはネズミ返しもついているようだけれど、アライグマの前には無力だったみたい。

racoonvsbirdfeeder3

 バードフィーダーを置いていると、鳥以外の生き物たちからエサを守る心配もしないといけないんだね。もしくは最初からそれを頭に入れて、みんな仲良く食べてもらおうという発想に転換しなくてはならないのかも。

 アライグマは基本的に夜行性。もちろん夜も油断できないのはこのとおり。

Raccoons vs Birdfeeders!

written by ruichan

▼あわせて読みたい
トントントン!ご飯のお代わりください。ご飯をもらえるまで窓をたたき続けるアライグマ


木からモフが生えている?いや違った。おでぶなアライグマ、木の穴につまった…


ちょ、マジ?突然のアライグマの襲来に、思わずエキサイトしてしまった美人モデル


ここでもない、こっちもだめ、もうどうしよう!ゴミ箱からの脱出に悪戦苦闘のアライグマ


見て見て、鼻が伸びちゃったよ!ピノキオ気分のアライグマが可愛く「はい、ポーズ」



このエントリーをはてなブックマークに追加