orangutan2

 熱帯雨林のジャングルに覆われたボルネオ島(カリマンタン島)。マレーシア、インドネシア、そしてブルネイという3つの国が領土を有するこの島では、現在自然破壊が進んで問題になってしまっている。伐採が進む森の中で、棲み処を追われるオランウータン。今日はその現実を見てみよう。
スポンサードリンク


Orangutan Tries To Fight Bulldozer Destroying Habitat

 熱帯のジャングルに生い茂っていた樹々が伐採されている現場。たった今切り倒された木の上に、なんとオランウータンの姿があった。

orangutan1

 混乱した様子で、行ったり来たりしているオランウータン。
orangutan3

「なんでこんなことするんだよ!」と、ショベルカーに怒りをぶつけているかのようだ。
orangutan4

 打ちのめされた様子のオランウータンが、森の中へと消えていく。
orangutan5

 この動画が撮影されたのは、インドネシア領ボルネオ島(カリマンタン島)のケタパンという地域にある熱帯雨林とのこと。島の一番西側にある地域だね。

 このボルネオで現在問題になっているのが、パーム油を採取するための椰子を植えるために、熱帯雨林がどんどん伐採されていること。現地に行ってみるとわかるけれど、道路の両側にはパーム椰子しか見えないという場所が延々続いていたりするんだよね。

 左側がパーム椰子のプランテーション。右側が残った熱帯雨林。

Nathalie Bolttさん(@natboltt)がシェアした投稿 -


 パーム油は日本でもスナック菓子やインスタント麺、洗剤などに幅広く使用されていて、今やないと困るレベルになってしまっている。自然と産業との共存は、なかなか答えの出ない難しい問題だ。

Tu Anhさん(@gaurua)がシェアした投稿 -


 ところで自分もボルネオには行ったことがあるけれど、生き物好きならジャングル・トレッキングがおススメだよ。運が良ければラフレシアやオランウータンに遭遇できるかも。野生の(?)ラフレシアは意外と地味だったな。ただし蜘蛛の巣だらけなのでその点は激烈注意である。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「そのバナナよこせや!」オランウータンがオヤツをねだる態度が、非常にエラそうな件について


「遊んだあと出しっぱなしにしてちゃダメでしょ!」オモチャのお片付けをするオランウータンのお母さん


赤ちゃん見たい見たい!人間の赤ちゃんに興味津々のオランウータン


オラウータンの赤ちゃん、自分でワラを集めての一人マットクラッシュを満喫中


どっちが魔法使いの弟子?オラウータンに手品を見せてみたところ



このエントリーをはてなブックマークに追加