blueribbon2

 子ゾウに子守歌を歌ってほしくて、飼育員レックさんを拉致したゾウのファー・マイさん。一気に知名度を上げてしまった彼女だが、そんなファー・マイさんが新体操の選手ばりに、青いリボンで遊んでいる様子が公開されていたので見てみよう。
スポンサードリンク


Elephant play Hula Hoop with a blue ribbon

 この動画が撮影されたのは、2014年の夏のこと。5歳のファー・マイさんは、ニンゲンでいえば1年生になったばかりの遊び盛りだ。

blueribbon1

 なんにでも興味を持つお年頃のファー・マイさん。今日見つけた遊び道具は、青久手長いリボンだよ。

blueribbon3

 器用に鼻を使って、リボンをぐるぐる回して遊ぶ。ゾウの鼻って、ほんとに何でもできちゃうんだね。

blueribbon

 ファー・マイさんは2009年4月17日に、ここエレファント・ネイチャー・パークで生まれたんだ。

 虐待を受けたり、重労働に従事させられたりして、ここに保護されてきたゾウたちの間にも、現在では二世が誕生してきているんだけど、ファー・マイさんは一番最初にここで生まれた二世なんだよ。

blueribbon4

 マランダーではファー・マイさんをはじめ、ここで暮らすゾウたちをこれからもいっぱい紹介していこうと思っているよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
「ごめんなさいね、でもこっちの方が大事なの」子ゾウに子守歌を歌ってもらいたくて、飼育員さんを拉致したゾウ


「ちょっとそこ通してもらっていい?」「あ、うん、どうぞ」タイのゾウと犬たちの間に流れるまったりゆったり平和な時間


「え~起きるのやだよ、まだ眠いもん」どんなに起こされてもどこ吹く風。起きる気のなさげなゾウの赤ちゃん


大好きな命の恩人とキャッキャウフフの追いかけっこを楽しむゾウ


遊んで遊んで~!牛とお友達になりたい小象のナヴァン



このエントリーをはてなブックマークに追加