dognlobster1

 犬は優しい生き物である。同じ犬族以外でも、小さな子供や小動物と見れば惜しみない愛情を注いでくれる。優しいまなざしで、さきものを見守る犬たちを見ていると、こちらもあたたかい気持ちにならざるを得ない。

 あたたかい? イヤちょっと待て、多分物理的にはあたたかくならないであろうこの生き物に対しても、ほっこりしてもいいのだろうか。
スポンサードリンク


German Shepherd Protective Over a Lobster

 アメリカ某所のこちらのお宅では、今夜のディナーのメインディッシュにと、ロブスターを購入。まだ元気に生きている甲殻類と、飼い犬のサミーをご挨拶させてみたところ、サミーはロブスターを超気に入ってしまったようなのだ。

 この子はアタシのモノよ、触らないでくれる?
dognlobster4

 相棒が興味津々で近寄ってきても「あっち行って!」
dognlobster3

 ご主人が取り上げようとしても、しっかりホールド。
dognlobster6

 今夜のディナー、どうしよう…?
dognlobster7

 これを見ていた犬好きのお友だちの間では、議論が真っ二つに割れていた。

・可愛いわ! 赤ちゃんだと思っているのかしら?
・母性本能なんだろうね…
・いや、母性とか関係ないから。骨とか隠すのと同じだから!
・単に宝物感覚なんだよ

 さて、マランダー犬班のお友だちの意見はどうだろうか? ちなみにサミーさんはこれまで子供を産んだことがないが、人間の赤ちゃんや子猫、そしてペットの蛇に対しても、愛情たっぷりに可愛がる様子を見せていたそうだよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
ちょっとカプってするけど食べないからね!階段を上る子猫を世話するジャーマンシェパード


「この犬はママのお友だちよ、ママたち仲良しさんなのよ」と、子猫たちに同居犬を紹介するお母さん猫


「何がそんなに気になるの?」窓の外が見たくてたまらないジャーマンシェパード


ベストフレンドは誰?と聞くと仲間を指すジャーマン・シェパードのスコッティーさん


「置いてかれるのは絶対イヤ!」断固として留守番を拒否するジャーマンシェパード



このエントリーをはてなブックマークに追加