Maldives2

 そろそろ夏も近づいてきた。夏といえば海! ビーチ! だけど最近国内では、いわゆる「海水浴」の人気は薄れてきているんだそう。まあ砂浜はキレイとは言い難かったり、人が多すぎたり、その原因はいろいろだろう。

 だけどこんなに透明な海、真っ白い砂浜、そしてヤシの木がそろっていたらどう? というわけで、トロピカルビーチの代名詞とも言えちゃいそうな、モルディブの風景をシェアするね。

スポンサードリンク


Shark Attack in Maldives Vacation! Best House Reef for Snorkeling 2018!

 白い砂浜を、1羽のサギが歩いている。 
Maldives1

 打ち寄せる透明な波の合間に見え隠れしているのは、なんとたくさんのサメたち。
Maldives3

 まるでいっしょにお散歩でもしているみたいに、波打ち際に沿って泳いでいるよ。
maldive

 海の色が急に濃くなっているあたりはドロップオフ。この辺りではマンタやジンベイザメと遭遇できるチャンスも多いらしい。

Maldives5

 しかしサメ多すぎでしょ。このビーチ、大丈夫?と思ってしまうかもしれないけれど、このサメたちは人を襲うことはないそうだ。むしろスノーケリングの人気ポイントになっているそうだよ。

Maldives6

 今回の動画が撮影されたのは、ヴィラメンドゥ アイランド リゾート & スパ というホテルのビーチ。サンゴ礁の島ひとつが、丸ごとリゾートになっているんだ。つまりビーチはすべてプライベート。

 どこまでも白い砂浜と、透明な海、ヤシの木。絵に描いたようなトロピカルビーチを味わえるリゾートで、さらにサメといっしょにスノーケリングができるなんて、いいなあ、行きたいなあと思ったのは自分だけじゃないはずだ。

 このリゾートのあるアリ環礁は、ダイバーにとっても天国のような場所。ハウスリーフもビーチも楽しめるので、ハネムーンの行き先を探しているお友だち、ぜひ候補に入れてみてはどうだろうか。

 どこを切り取っても絵葉書になるしかないような島。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
うわ、危なかった!カヤックを漕いでいたらパドルをサメがガブリンチョ!


むしろ気付かなくってラッキーか?マイアミのビーチを悠々と泳ぐイタチザメ 


一生忘れられない体験になった!バハマの海でイルカとサメを愛でるダイバーたち


これもまた思い出だから。トロピカルフィッシュに餌やりしてたらサメの赤ちゃんがタイアタックル!


サメといっしょに泳いじゃおう!南国の美しい海でサメとのふれあいを満喫している動画



このエントリーをはてなブックマークに追加