squirreldrinkingw1

 脱水症状って苦しいんだよね。日本にいるとあまり経験しないかもしれないけれど、砂漠地帯で水分が取れないと死活問題になってしまうんだ。

 本当に乾燥している場所では、水をがぶ飲みしても半日トイレに行かなかったり。長距離バスに乗るからって水分をうっかり控えちゃうと、もうてきめんに脱水症状に見舞われる。

 そんなときのとりあえずの対処方法は、とにかく水を飲むしかない。今日ご紹介するリスも、たぶんそんな状況で人間に水をねだったんだと思うんだ。

 
スポンサードリンク


Thirsty Squirrel Grabs Some Water at the Grand Canyon

 舞台はアメリカの有名な観光地、グランドキャニオンの一角だった。イギリスからの観光客、ポール・キャンプスさんは、1匹のリスが後をついてくるのに気が付いた。リスはポールさんに向かって、まるで抱っこをせがむように前足を伸ばしていたそうだ。

 これは写真に撮らなくっちゃ!と、持っていたミネラルウォーターのボトルをそばにいた恋人に渡してカメラを構えたところ、リスは今度は恋人の方に向かって前足を伸ばしたんだって。

 ボトルの影が映ってるよね。これは「お水ちょうだい」のポーズだったんだ。
I_passed_my_water_bottle_to_my_girlfriend_so_I_could_take_a_pic
image credit:dailymail.co.uk

 もしかしたら喉が渇いているんじゃないか? 水が欲しいんじゃないか? そう思ったポールさんがボトルのフタを開けてやると、リスは一心不乱に水を飲み始めた。

 ゴクゴクゴクゴク、脇目も振らずに水を飲むリス。結局こぼした分も含めてだけども、このボトルが空になるまで飲み続けたそうだよ。以前紹介したインドオオリス兄貴も、周囲のことなど一切関知していなかったけれど、この集中力はリス族共通のモノなのかな。

squirreldrinkingw3

 この日の気温は摂氏30度。砂漠の強烈な日差しに、水分補給が必要だったんだろうね。

 グランドキャニオン国立公園では、通常は野生動物との接触は推奨されていないそうだ。今回は向こうから寄ってきたわけで、例外と言っていいかもしれないけれど、噛まれたりする危険も無きにしも非ずなので、観光をするときは心にとめておきたいものなんである。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
リスは大切なモノを盗んでいきました。GoProをパンにセットしてみた結果、やっぱりこうなった


お姉さん頑張って~!ヨガのポーズ中にリスがキッス


嵐の夜に拾われた赤ちゃんリス、1才のお誕生日を迎える


迷子の赤ちゃんリスがかわいい上に離れてくれないという天国事案


飼い主は止まり木なのです。体中をかさこそ動き回るリス



このエントリーをはてなブックマークに追加