dropped
 
 ちょっと大きめな舌がかわいい9歳のチワワ、フレディーは生まれてからずっとパピーミルの狭いケージの中で暮らしてきた。

 パピーミルとは、営利目的で子犬を大量に作るための施設だ。フレディーは9年間の犬生の中で、犬らしい喜びは何一つ知らないままただ繁殖のためだけにパピーミルで生かされてきた。

 そんなフレディーはついに動物保護団体National Mill Rescue に保護されることになった。そうして生まれて初めて、自分のベッドを手に入れることとなった。
スポンサードリンク


Senior Chihuahua's First Bed

 犬生における9年間は非常に大きなものだ。その貴重な9年間を小さなケージで過ごしてきたフレディーさんはろくにご飯ももらえず、散歩などもしてもらったことはもちろんなかった。

 ぼろぼろの姿で発見されたフレディーだったけど、レスキューの人々にたくさんのおやつをもらい、ついに生まれて初めてのベッドを得ることとなった。生まれて初めての心地よさそうな物体に最初は戸惑うフレディーだったが、レスキュー隊員の手伝いもあり、ベッドが何たるかを理解できたようだ。

 ベロちらが個性的なフレディーさんは不遇の犬生を送ってきた。
 しかしレスキューされてからはおいしいご飯にたくさんの愛情を一身に受けているよ
dropped1

 そうして初めてのベッドを与えられたフレディーさん。
 今までベッドなんて持ったことのなかったフレディーさんは、ベッドの周りで右往左往する。
dropped0

 見かねた隊員さんが使い方を教えてくれた。
dropped2

 これにはフレディーさんも大喜び。どうやらとってもお気に召したようだね。
dropped4


 ベッドを手に入れたフレディーさんはその後里親の募集をし、見事里親希望のご家族が発見されたらしい。過酷な犬生を過ごしてきたフレディーさんに残りの時間がどのくらい残されているのかはわからない。しかし、生きている限りいつだって人生も犬生もやり直せるんだ。フレディーさんはこれから犬らしい幸せいっぱいな暮らしができることだろう。

References: Laughing Sqiud/YouTube/など / written by kokarimushi
あわせて読みたい
この友情はフォーエバー!シニアなチワワのイカしたスクワッド


愛犬と飛行機で旅する時に役立つ8つのコツ。実際にチワワが国際線に乗ってみた


チワワが寝てる間にチュースティックを取ろうとしたらこうなった


インコ、兄弟チワワにたたかれて思わず「イタッ!」って愚痴る。


まだ寝ないもん、もっと遊ぶもん!と思いっきり駄々をこねるチワワ



このエントリーをはてなブックマークに追加