manul-1_e

 中央アジア一帯に分布する、がっしりした四肢にモフっとふわっとボディのマヌルネコは表情豊か。

 野生のマヌルネコは、普段単独で生活しているため滅多にお目にかかることはできない。でもその風貌を一目見たら、みんなマヌルネコをもっと知りたくなるはずきっとそう。ってことで、今回もマヌルネコの愛くるしい表情をみんなに堪能してほしいんだ。
スポンサードリンク


 タイプワイルドなんだけど、なんとも愛嬌たっぷりなマヌルネコ。そのモフふわヘアとずんぐりボディでみんなを惹きつけてやまない。

 他のネコ科の動物と比べると足や爪が短く、臀部がやや大きい。特徴的な顔つきで、額は高く丸い耳が低く離れた位置に付いている。これは目の位置が高いところにあるのでそう見えるのである。目の位置が高いのは、身を隠せる場所の少ない平坦な砂漠やステップで、岩陰に臥せて岩の上から目だけを出して獲物を狙うのに適しているからだと考えられている。

1.
manul-1 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

2.
manul-2 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

3.
manul-3 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

4.
manul-4 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

5.
manul-5 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

6.
manul-6 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

7.
manul-7 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

8.
manul-8 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

9.
manul-9 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

10.
manul-10 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

11.
manul-11 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

12.
manul-12 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

13. 片方の上唇を釣り上げ震わせて、大きな犬歯をむき出しにするこの様子はマヌルネコ独特の威嚇行動である。
manul-13 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur

14.
manul-14 [www.imagesplitter.net]
image credit:Imgur


マヌルネコはかつて毛皮をとるために狩猟の対象とされたり、ネズミをよく狩ることもあるので殺鼠剤の使用による絶滅が危惧されている。丸くて一癖あるこの風貌、マランダーでも注目していこうと思うよ。


References: Paws Planet/Imgur/など / written by kokarimushi
あわせて読みたい
だってこんなにドラマティック!マヌルネコの百面相写真集めて見たよ


ウンピョウの赤ちゃんが生まれたよ!ふわふわ赤ちゃんに、思わず笑顔になること間違いなしの写真集


おノロケ注意。黒ヒョウと人間男性のイチャコラがノンストップ


ガオーもガルルもニャアもあるよ、目をつぶって聞いて当ててみて!ビッグキャットたちの鳴き声を一気にお聞きください


カナダオオヤマネコ先輩は「にゃお」とは鳴かない、唸るのだ。


「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」野生のオオヤマネコ先輩を家族に迎え入れようとしたところサウザータイプだったことが判明。


このエントリーをはてなブックマークに追加