q4ch3-service-dog-birth5_ea

 日本では電車の中や駅の構内で出産したなんていうニュースがあったよね。言い方は悪いかもしれないが、「出物腫れ物所嫌わず」という言葉もあるわけで、破水した!とか陣痛が来た!なんてのは自分ではどうにもならなくって、そのまま出産まで問答無用で突き進むしかない。

 今回アメリカから飛び込んできたのは、空港でゴールデンレトリバーが出産したというニュースだよ。赤ちゃんたち、無事に生まれてきたのかな。
スポンサードリンク

 事件が起きたのは、先週金曜日のフロリダ・タンパ国際空港。フィラデルフィアへの飛行機に搭乗しようとしていたゴールデンレトリバーのエリーさんこと、エレノア・リグビーさんが、突然産気づいたのだ。

 エリーさんはサービスドッグ。子犬たちの父親であるナゲットさんといっしょに、ご主人をフォローして飛行機に乗る寸前の、ゲート前でのことだった。

q5513-service-dog-gives-birth-at-airport-1_e

 ご主人に見守られながら、駆け付けた空港消防隊の手によって、次々に取り上げられていく子犬たち。

8fhu7-service-dog-gives-birth-at-airport-2_e

 ここまで6匹誕生。7匹目を待っているところ。
q4ch3-service-dog-birth5_e

 結局1匹だけ女の子で、あとの7匹が男の子だったそう。
cgupg-service-dog-gives-birth-at-airport-3_e

 この日、合計8匹の元気な赤ちゃんたちが誕生した。母子ともに元気だそうだよ。
m4lel-service-dog-gives-birth-at-airport-4_e

 がんばったエリーさんと子犬たち。動画もぜひ見てほしいな。

Service dog gives birth at Tampa International Airport

 エリーさんは現在2歳。いろんな人のサポートで無事出産できたことに、ネットでも大半は温かい反応が寄せられているんだけど、「いくらサービスドッグだとしても、出産の近い犬を飛行機に乗せるのはどうなのか?」という批判の声も上がっていたことを付け加えておこう。

via:Sunny Skys / CBS News ほか written by ruichan

▼あわせて読みたい
この寝顔、このお腹!キュートな子犬たちを見て癒されるための写真集


あらあらあら、よし!みんなまとめて面倒見ちゃう!子猫を世話するゴールデン


お母さんありがとう!久しぶりに再会した柴犬の親子、いくつになってもママ大好き!な娘だった


火事で我が子を失った母犬、失意のどん底に。そこで母親を失った子犬たちを与えてみると・・・


すべてがドキドキ!子犬たちの初めてシリーズ



このエントリーをはてなブックマークに追加