Woodpecker0

 これを見てくれているみんなの中にも、「クルマ命!」っていうお友だちがいるんじゃない? やっと手に入れた念願の新車。傷でもつけようものなら、ショックでムンクの叫び顔になってしまうかもしれない。

 そんな新車がキツツキさんに目をつけられてしまったら? そんなシーンが映像に収められていたのでぜひ見てみよう。
スポンサードリンク


Woodpecker Inspects a Model 3

 この動画が撮影された場所は、カリフォルニアのヨセミテ国立公園にあるアッパーパインズ・キャンプ場とのこと。

 撮影者が愛車テスラ・モデル3のところへ戻ってみると、なんとその窓にキツツキが止まっていた。

Woodpecker1

 そして容赦なく、新車の窓をコツコツコツコツ…ひいいいい! そこつついても虫とかいないから!

Woodpecker2

 間近で激写しても、まったく動じる様子のないキツツキくん。
Woodpecker3

 ようやくモデル3を離れ、本物の木に移動してくれた。うん、つつくならそっちにしてね。

Woodpecker4

 みんなもよく知っている通り、キツツキっていうのはあのクチバシで木に穴を開け、幹の中や樹皮にいる虫を捕まえて食べるわけだ。クルマをコツンコツンやったとしても、エサがいるわけないんだけどね。

 コメント欄の反応はというと…。

・きっと窓に映った自分を敵認定したんだよ
・それにしても、よくこんな近くまで近寄れたね
・自分「鳥に傷つけられたんです」
 保険屋「ああ、それは自然災害ですので保証の範囲外ですね」
 自分「間違えました。鳥じゃなくてツルハシを持った人間にやられたんです!」
・これでモデル3は対キツツキ防御が完璧だって証明されたな

 そういや大昔、某国のレストランにはドライブスルーで駐車場で食べられるサービスがあったんだ。んで、頼んだ料理をウェイターが車まで持ってきてくれるんだけどさ、鉄製のカギ爪つきの小さなテーブルを、クルマの窓枠にガチャってセットしてくれるわけ。

 …どうなるかはわかるよね? 日本みたいに、傷を気にしないお国柄ではあったけれども、同僚の日本人たちはみんなショックを受けてた遠い昔の思い出。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
小さなことからコツコツと。キツツキによるノックはミニチマだけど執拗だった


おとしゃんのこと、気に入ったんだもん。キツツキの相乗り、シカゴ行き。


こいつ・ニクイ。車のバンパーに映った自分の姿を敵と勘違いし突きだすカモメ・車のオーナー大迷惑


おいおい、もうちょっと警戒したほうがいんじゃね?人懐っこ過ぎる野生のセキセイインコたち


「ちょっとそこまで乗せてくれや」自動車のフロントガラスにただ乗りする鳥の所業



このエントリーをはてなブックマークに追加