homeinvasion0

 ひと昔前までは「番犬」なんていう言葉もよく使われていたくらい、犬といえば飼い主とその家族を守ってくれるイメージがあったように思う。見知らぬ人は中に入れない!俺がこの家を守るんだぜ!みたいな気概とかが、犬の側にもあった気がする。

 人懐っこくって誰にでも懐く犬ももちろん可愛いけれど、例えば強盗さんがやってきたなんて場合には、ちょっと愛犬に頑張ってほしいとか思ってみたりしないだろうか。
スポンサードリンク


Dogs Tested to See Whether They’d Defend Owner During Home Invasion

 というようなことを考えた人はアメリカにもいたらしい。ニュースマガジンのInside Editionでは、強盗に扮した人物に飼い主さんを襲わせ、愛犬たちがどんな反応を見せるかを見るという番組を企画したんだ。

 5歳になるイエローラブ、ペリーの飼い主ミシェルさんは、万一のときペリーが自分を守ってくれるといいんだけど…と自信なさげ。

homeinvasion2

 そこで強盗に扮した専門家に、ミシェルさんのお宅に押し入ってもらうことにした。
homeinvasion4

 あれれ、ペリーはミシェルさんを置き去りにして、外へ逃げて行っちゃった!
homeinvasion5

「ほら、文字通りしっぽをまいて逃げ出してますね」
「ペリーったらもう…!」

と、少々ガッカリ気味のミシェルさん。
homeinvasion6

 次はルビーという、4歳になるこのお宅のお姫様。勇猛で知られるピットブルと、ラブラドールの雑種だそう。

 ご主人のケビン・ピーターソンさんは、「きっと強盗に噛みついてくれると信じたい」と語っていたが…。

homeinvasion7

「ルビー、こいつをやっつけろ!」というケビンさんの叫びもむなしく、やはりしっぽをまいて逃げて行ってしまった。ピットブルの血はどうした?

homeinvasion9

 最後に登場するのは、フロドとドビーのコンビである。ご主人のエレン・アイキャンプさんは、「フロドは絶対やってくれるわ!」と自信ありげ。

homeinvasion10

 ふたを開けてみるとどうなったか? なんと勇敢なるフロドは強盗役に飛びかかり、見事ドアの向こうへと撃退した。チワワのドビーも果敢に吠えたててバックアップ。

homeinvasion11

 今回フロドがしたように、飼い主と強盗の間に割って入るのは、ガードドッグに求められるスキルそのままだという、フロドには番犬としての天性の素質があるようだ。

homeinvasion12

 みんなのところの愛犬たちは、どんな反応をするだろうね。ちょっと試してみたいと思ってしまったお友だちもいるんじゃない?
 
 ところで日本においては、わざわざ番犬のいる家を狙う空き巣もいるんだって。どんな犬でもうまく手懐ける方法を熟知している空き巣も多いらしいので、犬を飼っているお宅もそれで安心せずに、空き巣対策はバッチリお願いするよ。

written by ruichan

▼あわせて読みたい
何だかよくわからないけど、とりあえず出ていけ侵入者!庭に現れたティラノと闘う柴犬


犬は人類の最良の友であり、英雄でもある。人間たちを窮地から救った犬たち


「ワンワン!ワンワン!早く川に帰りなさい!」ワニを追い返した犬が命知らずな件


「う~う~あお~ん(すまぬが帰ってくれないか)」郵便屋さん嫌いな犬の反応が飼い主さんにも大受け


ご主人様が無防備な状態は俺が守る!飼い主の入浴中は風呂場の前で鉄壁の防御をする犬




このエントリーをはてなブックマークに追加