dropped57

 みんな、ピグミーマーモセットって生き物をご存じだろうか。尻尾の長い、体長わずか11~15センチのとても体の小さなサルで、1998年にピグミーネズミキツネザルが発見されるまでは「世界最小のサル」としてその名を知らしめていた。

 そんなピグミーマーモセットたちが一生懸命に果物を食べるシーンが撮影されていたので、みんなも日曜の昼下がり、おいしいおやつなんか食べながら見てほしいんだよ。
スポンサードリンク


Pygmy Marmosets eating

 小さな体のピグミーマーモセットたち、体のわりに食欲は旺盛!バナナなど色とりどりの果物を前に、夢中のようだ。この動画は、エクアドルにあるヤナコチャ保護センターにて撮影されたものらしい。

 つぶらな瞳でこちらを見つめるピグミーマーモセットたち
 果物の味を楽しんでいるようだ
dropped56

 この個体はバナナにロックオンしたようだ
dropped57

 小さな体を丸めて懸命に果物を選ぶ姿はとってもかわいい
dropped58

 たくさんのフルーツをみんなで仲良く食べていたようだ
dropped60


 日本でも草津熱帯圏や日本モンキーセンター、日本平動物園など、いくつかの動物園で一般公開されているとのこと。小さくてちょこまか動く賢いピグミーマーモセットさんに興味がわいたお友達はぜひお邪魔してみてほしい。


written by kokarimushi

あわせて読みたい
枝から枝へと、ひょいひょい渡るよ!テナガザルの忍者っぷりをご覧ください


「ゴシゴシ、ゴシゴシ、ああキモチいい!」自分で身体を洗っちゃうおサルさんのバスタイム


これイヤイヤ!早く取って!マーモセットの赤ちゃん、おむつトレーニングに苦戦中


このモコモコの生き物たちはなんぞ?ワオキツネザルがウサギの赤ちゃんたちにめろめろな件


「これって“例のあの人”じゃ…?」とあるサルの赤ちゃんが悪名高きあの人にそっくりと話題に!




このエントリーをはてなブックマークに追加