Cheetah4

「動物にカメラを背負ってもらって、動物たちの視点で世界を見てみよう」という企画は繰り返し行われてきていて、どれも興味深い映像になっているわけだ。マランダーでも何度か紹介してみたことがあるけど、見てもらえたかな(関連記事12など)。

 そこで今回は動物界でも一番のスピードを誇るプレデター、チーターにカメラを装着して写した映像をお見せしよう。
 
スポンサードリンク


Experience a Thrilling Hunt From a Cheetah's perspective | Earth Unplugged

 野生動物を専門に扱うカメラマンのゴードン・ブキャナン氏。今回はナミビアのチーター保護施設と協力し、施設で育ったチーターにカメラをセット。うまく野生の世界で狩りができるのかを、確認してみることにした。

 今日は3頭の兄弟姉妹のチーターが協力して、狩りの訓練をする様子を観察するよ。手前の黄色い草っぽいのがチーターの毛だ。

Cheetah1

 遠くに獲物を確認すると、いったん動きを止めるチーター。姉妹の位置もしっかりと確認して、いよいよハンティング・スタート!

Cheetah2

 猛スピードでエランドの親子に追いすがる。
Cheetah3

 エランドも必死で、茂みを利用してチーターの追撃を逃れようとする。
Cheetah0

 チーターの走る速さは、最高で時速100kmに達することもあるという。だがこのトップスピードを保っていられるのは10秒ほど。今回はスタミナが切れてしまい、エランドには逃げられてしまったけれど、こうやって狩りの訓練を積み、一人前のハンターになっていくんだろうね。

 このチーターたちは生後すぐから人間の手で育てられていたんだそうだ。それでも野生の本能、狩りのセンスとチームワークの見事さは天性のモノ。やがては狩りをマスターし、野生に帰る日も近いだろう。

 ちなみに今回登場したゴードンさんは、ホッキョクグマの映像で実は大人気になった人。見たことのある人も多いかと思うけど、その時の映像をオマケに貼っておくので楽しんで!


Incredible footage of BBC cameraman and hungry polar bear

written by ruichan

▼あわせて読みたい
もこふわ八つ子ちゃんが生まれたよ!チーターの赤ちゃん激かわゆす


今日は何して遊ぼうかな?チーターのキンジ、オモチャ箱を漁るの図


チーターを愛しチーターに愛された男性がいた。チーターと人間いちゃこらお昼寝タイムがほんわかあたたかい


マサイマラでサファリドライブ。チーターがまさかの気まぐれ飛び入り参加!


ああもう病みつきになっちゃう!ミーアキャットに毛づくろいしてもらうチーターのゴロゴロ



このエントリーをはてなブックマークに追加